試乗記~トヨタ IQ (DBA-KGJ10)

試乗日:2008/12/6

ボディ・内装
 このクルマは軽より小さいため、軽に対する優位性が気になる人が多いようだ。私も最初、どうやって売るのか疑問だったが、実車を見て理解できた。全長は軽より短いが、横幅が軽より広い。2人乗りとして割り切れば前席は大型セダンに迫る空間が確保される。窮屈などころか、コンパクトカーよりずっと広いクルマだ。 顔はキュートなスマートに対し骨ばったオヤジといった感じ。そんなデザインもあってか、団塊の世代に良く売れているという。

 内装はドアトリム、ダッシュボードなど目に付くところもプラスチックの地肌そのまんまである。表面のシボは皮を離れてからおかしなものが増えた。このクルマの場合、合板を使って打ったコンクリートの地肌そっくり。しかし、マーチ、ビッツ系の梱包材の表面に見えるシボよりは良い。

 ダッシュボードが高くせり出しているので、着座すると座面が低く感じる。フロントオーバーハングが短い割りに、下のほうが良く見えない。シートからみる視界の感じはスポーツカーに近い。

 ドアの閉まり音は高級車そのもの、操作系のタッチも上質である。
 空調の音は若干大きめ。内気・外気の騒音差はほとんどない。
 オーディオも力が入っており、ラウドネスが利いた聞きやすい音色でクラスを超えた上質感がある。
 収納スペースがとにかく無いので、収納系のオプションは可能な限り付けるべきだろう。

走り
 3気筒エンジンの回転のフィールはアンバランスをよく打ち消して振動、騒音共に低く抑えられており、まるでBMWのような印象。3気筒も作り込めば良いものができることを、このエンジンが証明している。
 しかし、アイドル時の振動は大きく、3気筒の宿命といえる。これをアクティブ制振でもやって打ち消せば、デメリットが消えてすばらしいエンジンになるだろう。エンジン以外でも走行時のNVは低く抑えられていて、上質なサウンドシステムが生きている。ラジオを聴いているとき、エンジンの騒音は意識されないレベルだ。
 ホイールベースはわずか2m、足がやや硬めのおかげで、ミッドシップを連想させる応答の鋭いハンドリングになっている。
 アクセルは開度に対してリニアで、ビッツ系にみられる「チョイ踏みでガバっとスロットルを開ける」不自然な操作はない。ブレーキも同じで、制動力の立ち上がりがリニアで非常に好ましい。ビッツなどから乗り換えると「加速が悪い」「ブレーキの利きが悪い」と感じるかもしれない。
 CVTのフィールは「もわー」という感じで、これがせっかくの応答性をスポイルしている。来年MTが追加されるというので、こちらに期待したい。
総合
 このクルマはスマートがライバルになる。となると普通は、スマートのデザインをコピーして、中身をスマートより少し良くして売る、いわゆる「後出しジャンケン」で計画されるのが常套だ。しかし、ヨーロッパ戦線ではこの手法が通じないためか、デザインを自分で考えたようだ。その結果エクステリアはオリジナリティのあるものになった。
 それに、自動車業界が好景気の時代に計画されたものなので、中身にもかなり力が入っている。操作系の応答がすべてリニアで不自然な点が無い。車体の応答も鋭く、これの1.3L,MT版はすばらしいライトウエイトスポーツになるかもしれない。アクセル、ブレーキも現状、非常に好ましい特性であり、MCで改悪されないことを願う。

<関連商品>
IQの人気アクセサリ
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です