Vistaはなぜ売れないのか

Vistaが売れない原因を一言で言うと、「MS社の自己都合で動かないソフトを増やしてしまった」ことにあるだろう。OSは確かに高機能、安全になったが、動かないソフトが増えてしまうのでは本末転倒である。

実際はソフトの互換性はかなりあるが、管理者でログインしていても特殊な操作を必要とするケースが多い。大多数のユーザーはコンピュータの操作にそれほど詳しくないから、今までと同じように、すんなりインストールできて動かないと結局「動かないではないか」ということになってしまう。

ソフト開発者にとってもVista対応は楽な仕事ではない。今まで許されていたことが、急にダメと言われても困るのだ。私はこの対応に、相当苦労した。このことを考えると、個人作者のVista対応は、なかなか進まないだろう。

Vistaに見られる厳重な壁は、相次ぐセキュリティ問題に対する抜本対策といえる。しかし、その多くはMS社の都合によるもので、大多数のユーザーはセキュリティについてそれほど問題を意識していない。必要なら市販のセキュリティソフトを追加すれば済む話で、OSを買い換えようとは思わないだろう。

本来、OSはコンピュータのバックグラウンドで目立たない存在のはずだが、Vistaを見ていると、アプリとOS、どっちが主役なのかわからなくなってくる。

OS側の都合でアプリやソフト作者に迷惑をかけている。

これがVistaの現状だ。

MS社は、アプリはOSに合わせてくれるから、このくらいの迷惑は問題ないと考えているのだろうか。ユーザーからみると、必要なのはアプリであって、OSはその土台に過ぎない。OSのせいで使いたいアプリが使えない、という状況では、売れないのは当然といえる。
とはいえ、Vistaの環境はコンピュータの進歩・未来を感じさせるものだ。これで互換さえ満足してれば、素晴らしいOSになれたのに、残念だ。

 

<関連商品>
Windows