USJ再入場禁止に見る大規模テーマパークの問題

USJが再入場を禁止したらしい。理由は「お客様のため」というが、パーク内で飲食させて、パーク内に落ちるお金を出来るだけ増やそうという意図は明らかだ。それを聞いて、ディスニーランドに行ったときのことを思い出した。ここも、出来る限りパーク内の店舗にお金を落とそうと、様々な工夫がされている。

ディスニーランドでは、空調付きはおろか、屋根つきの休憩所さえない。冬は寒さに震え、夏場は地獄。快適な場所で休もうと思ったら、何か注文して店舗の中に入らなければならない。しかし、すぐに休みたくても、屋内の椅子が空いている保証がないし、飲食代も異様に割高である。ポップコーンなど原価の安い商品を理解できない値段で売っている。

アトラクションの待ち時間も異常だ。寒い中、2時間も立って待たされれば風邪を引いてしまう。USJはアトラクションのスペースが多段構成になっていて、とりあえず屋内に入れるし、ヒマをもてあまさないよう、いろんな工夫がされている。しかし、ディズニーは何もない。寒風や強烈な日射の下で、ひたすら立たせるだけだ。幸いなことに、ディズニーはファストパスという解決策が示されている。出来る限り、これを活用することが必要のようだ。

ディズニーもUFJも、お客様に楽しんでもらうための施設のはず。待ち疲れ、歩き疲れた人に充実した休憩スペースを提供せず、飲食費で稼ごうとする仕組みには違和感を感じる。

それともうひとつ、人間がまったく姿を見せず、ロボットが歌って踊るだけのショーは、なんとも味気ない。入場者を馬鹿にしている。

 

<関連商品>
テーマパークの施設経営

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です