ビデオ録画はすべて無駄だった?~ビデオライブラリを作った顛末

 1980年、私は学生だった。お小遣いでビデオテープを買い、テレビ放送をせっせと録画していた。そのころはレンタルビデオもあまり普及しておらず、タダで手に入る映像コンテンツが、とても貴重に見えた。そうして撮り貯めしたビデオテープは、数百本に達した。

 

本当の貴重映像は意外なものだった

 現代では、ほとんどの映像コンテンツがDVD化され、ネット配信やレンタルで簡単に入手できる。

 結局、数百本のビデオテープは、残したいものだけを選んでDVDレコーダーにダビングし[1]、他はすべて破棄した。整理していて気がついたことがある。記録時間節約のため必死でカットしていたCMが、一番の「貴重映像」だったことだ。

 CMは時代を映していて、見ると当時の思い出まで蘇る。CMはDVDレンタルや動画サイトが発達した現代でも、なかなか見られないものが多くある[2]

 

撮った動画は編集しない

 ハンディカムで動画を撮ったこともあった。これらは結局「撮った」ことで満足し、それを編集したり、あとから見ることはほとんど無かった。
 DVDレコーダーを買った当初、タイトルやCMカットなどの編集をしたことがあったが、すぐにやらなくなった。

 後から見て楽しむ活用のメリットに対し、編集に要する時間と手間がかかりすぎて割に合わない。あとから活用しない映像コンテンツを編集するのは、無駄である。

 結局、個人動画はデジカメの動画機能を使って撮った数十秒のカットを、写真と一緒に保存するだけになった。

 

見たら消すで十分

 ビデオデッキを学生時代から使い続け、DVDレコーダを6年使ってきて思ったことがある。ほとんどの映像コンテンツが「見たら消す」で十分なことだ。

 最近のレコーダーはブルーレィで記録できるものが登場した。これを使って記録を始めれば、後から見ることはない大量のディスクライブラリができるだけだと、私は思う。コピーガードのせいで、使い勝手はアナログ時代よりずっと不便になっている[3]

 見たら捨てるだけの活用では、大容量のHDDと複数のチューナが欲しい。東芝のレコーダーがこのニーズに沿った商品を作っていて、驚くほど安くなっている。

 

<関連商品>
HDDレコーダー ブルーレィでないレコーダーは消滅しています

<関連記事>
1.古いビデオテープを綺麗にデジタル化する方法
2.心に残る懐かしのCM
YouTube – タカラブネクリスマスケーキ
YouTube – サッポロ黒ラベル 「卓球編」
3.東芝のDVDレコーダとデジタル家電の使い勝手BDレコーダもTVも売れない~PX-W3U3が見せる未来のデジタル視聴環境