東芝のDVDレコーダとデジタル家電の使い勝手

我が家では東芝のDVDレコーダを購入したが、6年前に比べ機能が飛躍的に多くなりワケがわからない。これらの機能をリモコンボタンに個別に割り当てるのはもう無理だ。UIは、ソニーのように抜本的に見直す必要がある。

ボタンは区別しずらいものが増えた。「W録」「放送切替」「入力切替」「ドライブ切替」がそうだ。用語も問題だ。「W録」は、機能を示すものであって、動作を示すものでないし、TS1,TS2,REなども意味不明である。もっとわかりやすい言い方はないものか。

デジタル家電も携帯も、計測器も何でもそうだが、優れた製品は、多機能であってもUIがよく出来ていて、取り説を見なくても直感的に操作できる。複雑なものほど、UIが重要であることに変わりは無い。

東芝のDVDレコーダには2個のリモコンがついてくるが、大きい方はわかりずらく、小さい方は中途半端でどちらも使い物にならない。次の機種から改善を望みたい。

 

<関連商品>
テレビ・レコーダー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です