新幹線の座席とアームレスト争奪戦

新幹線の3列シートは、真ん中の席の幅がやや広めに出来ている。これは窮屈間を軽減するためとみられるが、自分の体の幅より少々広くても、メリットは無いように思える。長距離を快適に過ごすためには、座席の広さよりも、アームレストが大事だ。

ところが、アームレストは隣の席と共有していて所有権が曖昧になっている。そのため、所有権をめぐって無言の圧力が発生し、そのために不快な思いをすることがある。

基本的に3列シートの場合、真ん中のレスト2本は、真ん中の席の人に譲るべきだと思う。
問題は2列シートの場合だ。これはどちらに優先権があるのだろう。

 

<関連商品>
鉄道の快適グッズ