全部入り一眼 ペンタックスK-7~これからは防塵防滴がデフォルトになるか

ペンタックスK-7はありとあらゆる機能を詰め込んで、しかも小型化に成功した欲張りカメラだ。
私が渇望していたAF微調整のほか、今後のカメラに必須と考えていた動画、電子水準器、防塵防滴ボディなどが盛り込まれている。

これにバリアングルが付いてたら完璧だったろうが、アレコレ詰め込んで小型にまとめた商品企画がすばらしい。ペンタックスにとっては「かいしんの一撃!」といえる商品だ。

屋外ではホコリや雨滴が避けられない。金属ボディでガッチリしていて、取り扱いに神経を使わなくて良いことも大切なことだ。

GH1、E-p1も素晴らしいカメラだが、「光学ファインダー」で引っかかっていた。我が家にはニコンFE-2があるが、取り付けたレンズの映像を生で見られることは大切とつくづく思う。

ファインダーを覗いたときの「これだ!」と思った瞬間や、感動に反応してシャッターを切る。写真を撮ることの充実感はこんなところにあったし、それが最高に感られたのが、取り付けたレンズの映像を生で見られる「一眼レフ」であったように思う。

同じ一眼でも、EVFの映像だと被写体から何も伝わってこない。映像に空気感が無いのだ。EVFは覗いてみるか否かの違いだけで、液晶モニタとなんら変わりない。

 

<関連商品>
ペンタックスの商品一覧
デジタル一眼レフ