コンビニの経営と売れ残り食品の処理

コンビニが消費期限の近づいた商品の値引き販売を始めた。以前は全部捨てていたという。
なんと勿体無い。。。。

フランチャイズは経営者から見るとリスクが少なく、安定を得やすいというメリットはあるものの、利益の多くが胴元に吸い上げられてしまう。「店長」「経営者」といえば聞こえがいいが、裁量を発揮する余地もなく本部の言いなりに「生かさず殺さず」使われる有様はあまり感心しない。

消費期限に対する消費者の過剰反応も気になる。買うときは消費期限をやたら気にする人が、いったん自分の冷蔵庫に入れてしまったあとは無関心になり、消費期限切れの食品がゴロゴロある、なんてことはないだろうか。

 

<関連商品>
コンビニの経営