ペンタックスK7とレンズ選びの難しさ

 ペンタックスK7の購入を前提にレンズを模索しはじめたが、レンズ選びで行き詰ってしまった。
レンズ性能に関してはユーザレビューも参考になるが、詳しい定量データを示すサイトがある[1][2]

 これらを見てフォーサーズシステムの合理性をあらためて認識した。同じズームレンジ、明るさで較べるとフォーサーズレンズの方が2ランク性能が高い。例えばGH1についてくる高倍率ズームは、フルサイズではありえない高性能だ。

 フォーサーズと同等の性能をAPSやフルサイズで求めると、大きく重く、高価なものか、同等のレンズは「存在しない」という結果のいずれかになる。レンズテストの結果を見てしまうと、どうしてもフォーサーズのズイコーのレンズを使いたくなってくる。

 レンズは小型になるほど収差が小さく性能の良いレンズを設計しやすい。しかし小さくしすぎると今度はイメージセンサーの画素が極小化してノイズやDレンジなどの性能が悪化してしまう。両者トレードオフの最適解は、やっぱりフォーサーズなのかもしれない。

 オリンパスのフォーサーズ本体には未だ水準器と動画撮影機能が付かない。これらを内蔵した一眼の登場を望む。

 

<関連商品>
ペンタックスの商品一覧
デジタル一眼レフ

<参考文献>
1.http://www.dpreview.com/lensreviews/
2.http://www.photozone.de/