パナソニックのレンズは世界一?

ネットで公開されているサンプルを参照してレンズ性能を一通りチェックした結果、パナソニックに優秀なものが多いことがわかった。非球面レンズを多用した光学系が特徴で、コンデジも手抜きせずきちんと設計されている。

豊富な資金とマンパワーを背景に、レンズ設計から生産まで、相当力を入れていることが伺える。もしかしたら、カメラやレンズの専業メーカを超えてしまったかも知れない。非球面レンズを多用した構成からすると、設計ツールも相当、いいものを使っていると推察される。

カメラブランドの無い弱みが、マジメなものづくりを促し、結果的に良い製品を生み出すことに結びついているようだ。古臭いブランドのフンドシを借りなくても、世界に誇れる優秀なレンズを自分の力で作れるではないか。パナソニックブランドでレンズを売ってもいいように思う。

一方、カメラ本体の作りはまだ修行が足りない。いかにも家電メーカが作りそうな「デジタル家電」である。沢山の先進機能をプラスチックのボディにコンパクトにまとめて満足するそれは、ビデオカメラの延長でしかない。家電メーカにカメラのような趣味性の高い商品は企画できないのかもしれない。

 

<関連商品>
パナソニックのレンズ一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です