金のなる木はつくるれるか7~ODLがサーバ強化

ODLがサーバを大幅に強化した。目的は「スキャル」行為に耐えられるようにすることである。ODLではスキャルに似た行為をこれまで禁止していたが、方針を180度転換したのは、設備資をしてもなお、スキャルを奨励したほうが「儲かる」ことに気がついたからだろう。

以前述べたようにスキャルほど不利な取引はない。本当にスキャルさせたいのなら、ハチミツクラブの会員金額を20万に値下げして、スプレッド0.3~にすべきだろう。

いまはだいぶ落ち着いているが、この突然のサーバ強化によって様々なトラブルが起きた。EAが動かなくなったり、取引ロット数が勝手に変わったせいで損失を蒙った投資家が多いはずだ。私もこの影響でEAが2週間ストップし、対応におおわらわであった。

あれからいろんな通貨ペアを検証して気がついたことがある。多くの人が取引しているUSDJPY、これで利益をあげるのは非常に難しいことだ。どんなシステムを使っても、損益が安定しない。様々なフィルタをいれて、やっと使えそうになるが、それが将来的に通用するかという話になると、不安が残る。同じドル同士のペアの方が、値動きが素直で取引しやすいといえる。

 

<関連商品>
GoldenTreeの無料ダウンロードはこちら