三洋洗濯機の出火事故~洗濯機・掃除機は原点回帰せよ

今話題の三洋洗濯機、どんな構造と思ったら、ナンと横型ドラムの側面から洗濯物を詰込むしくみである。HP(下記)で以前書いたが、洗濯機の解は従来からある縦型しかない。乾燥もしたいとなるとコインランドリーで見かける横型になるが、同じ洗濯量で縦型の1.5倍以上の大型になるため家庭用には不向きだ。小さな横置きドラムの側面から洗濯物を入れる構造など、論外である。

掃除機も同じで、従来からある紙パック式がベストだ。機能性能面で何の痛痒もなく使える上、本体が最も小型になる。ただ紙パック式は低価格モデルが主流で、コストダウンのため家具を傷つけないための本体ラバーや、取っ手などが省略されている。

サイクロンでマトモに機能するのは大損くらいだが、吸い込んだゴミが圧縮されないため紙パックのほうが沢山のゴミを最後まで吸引力が落ちずに吸い込める。「そんなことはない」と思う人は、限界までゴミを吸ってみて、吸い取ったゴミの重量を比較してみるといい。
それに大損は電源ラインや空気中にノイズを撒き散らす欠点がある。電気を使っていないのにブレーカが落ちたり、テレビにノイズが乗る場合、隣の家で大損製掃除機を使っていないか、聞いてみるといい。

アレコレおかしな商品企画をせずに、従来の紙パックや縦型洗濯機の延長でユーザーメリットに訴える努力をしてほしい。例えば紙パック式は本体が小型になるから、サイクロン式と同サイズであれば徹底的に低騒音化した機種も作れるはずだ。洗濯機は排水を出口で自分浄化するとか、風呂水を浄化して最後のすすぎまで使えるようにするとか。そんな方向で進化させていくのが妥当ではないか。

 

<関連商品>
縦形大容量洗濯機一覧 洗濯機は縦型大容量&温風乾燥機能なしがお勧めです
洗濯機置台 44~69cm キャスター付きの洗濯機台。重量物の洗濯機が楽に動かせて非常に便利。透明防錆コートをしておくと末永く綺麗な状態を保つことが出来ます。

<関連記事>
間違いだらけの洗濯機選び~斜めドラムは買ってはいけない
サイクロン掃除機の現実

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です