モデル末期製品のデメリット~不良再生品の行方

 精密デジタル家電は、何らかの理由によって返品されることがある。細かいユーザが多いカメラなどの商品で返品が多いようだ。返品の理由は極些細なキズであったり、ドット抜けであったり、レンズのコーティングムラだったり、様々だ。

 

 本来保障しないはずのドット抜けや、品質基準内の不具合が返品の対象になるのは、返品処理の判断を「店頭」の販売員が行う事情がある。ショップはメーカの利益より「お客様のご機嫌」のほうが重要なのだ。

 これら返品された商品は、その後どうなるのだろう。ここからは想像になるが、外装を取替えまた新品と称して売り出しているのではないか。こういう商品を世間では「再生品」といっている。こうした再生品はモデル末期になると急増し、生産完了後はかなりの比率が再生品になるようだ。だから何回返品交換しても、やってくるのは不良再生品ばかりである。

 再生品はよく見るとわかる。梱包の違いはわかりやすい例だ。暗いところで黒画像を再生すると、液晶モニタに白い光点が見えることがある。これは「ホコリ」が光って見えているためだ。製品はクリーンルームで作られるが、再生作業の現場はあまりクリーンな作業場でないらしい。

 大量に商品を製造、販売していれば、いろんな事情で返品が生じるのは当然だ。このような商品を再び「新品」と称して再生販売すれば、誤解を招いたりトラブルの原因いなる可能性がある。
 販売元の中には、このような再生品を「アウトレット」と称して割引販売している。アウトレットなら、少々の不具合について買い手が承知するから、問題は起きない。これが本来、望ましい形態だろう。

 再生品を新品に混ぜて販売する小売店やメーカの場合は、買う時期を考える必要がある。良品が欲しかったら、発売後6ヶ月以内がよい。モデル末期に良品を求めるのは、まるで確率の低いクジ引きをしているようだ。モデル末期になるとカメラの価格は急落するが、「再生品割引」分として考えるのが適当なのかもしれない。

<追記>
 このような問題は、返品修理の際、メーカに直送せず中間修理業者を介す大手販売店で起こりやすいようだ。ドット抜けなどメーカに返品できない商品を、ここで修理再生する。クリーンルームなど整備環境が充実していないためホコリなどが入りやすい。
 モデル末期に価格が極端に下落する場合は、在庫整理のほか、再生品が含まれている分があるのかもしれない。このような再生品は、新品との区別がつくよう、箱のどこかに印をつけている可能性がある。

 

 

<参考購入先>
カメラの商品一覧 モデル末期の商品は避けたほうがよいかもしれません
アマゾン アマゾンは返品交換に寛容なので安心して購入できます。元箱梱包材は必ず1ヶ月保管ください

<関連記事>
通信販売のリスク

<参考文献>
量販店の再生品とは?