ハイブリッドブームとエコカーの行方

以前、ハイブリッドについて否定的な記事を書いた。当時はプリウスしかハイブリッドの実用車がなかったが、現代ではいろんなハイブリッドがある。これらを含めて検証してみよう。

現在プリウスやインサイトが人気だが、経済性を目的に買うクルマではない、という実態に変わりはない。以前から述べているように、これらのクルマはハイブリッドシステム+交換電池の費用が高すぎて何年たっても燃費向上分の節約でペイできないからだ。しかし発進だけちょっとアシストするだけのマイクロハイブリッドなら経済的なメリットが出る可能性がある。この場合エンジンが主役でハイブリッドはオマケだ。

マイクロハイブリッドのシステムの一つに、セルモータを発展させたものがある。このシステムは信号待ちなどでアイドルストップさせたエンジンを始動するついでに加速もちょっとアシストしてやろうというものだ。エンジンが苦手な発進加速部分だけをアシストする合理的なシステムである(クラウンに搭載されたことがあったようだが、大して効果はなかったようである。車重に対してアシストの量が少なすぎたせいだろう。)

マイクロハイブリッドはブレーキや坂道などで回収したエネルギーをすぐ使うことで、「エネルギーを再利用している」という実感を得やすいこともポイントだ。こういう体験をすると、効果の大小に関係なくトクした気分になるものだ。回生付き自転車同様、「エコ」を実感しやすい商品なので消費者のハートを掴むかもしれない。

いずれにせよ、エコカーの本命は、プリウスのような本格ハイブリッドでも、純EVでもなさそうだ。今後のハイブリッドに注目していきたい。

 

<参考購入先>
人気のカー用品
低燃費な中古車一覧 アマゾンの中古車。クルマも通販で買える時代です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です