たばこのニコチン課税

私はタバコを吸わないし、吸いたいとも思わない。しかしタバコを吸っている人は、無しではいられないという。このことを「薬物依存の病気」というらしい。タバコは「準麻薬」と言われ害毒の程度が違うだけで、覚せい剤などと実質的に同じだ。

ではなぜ、覚せい剤はダメで、タバコならOKなのか。それは、国民を中毒にさせることで、生産性をそれほど損なわずに大きな税収が得られるからだ。

これまでタバコの税金は一律だったが、ニコチンの量に応じて課税する案が検討されているという。まあ、このほうが合理的かもしれないが、問題は税率をどうするかだ。

いずれにせよ、今では喫煙場所も少なくなって、喫煙者を取り巻く環境は厳しい。タバコを吸うために常に我慢や苦労を伴うのなら、いっそのこと、やめてしまったら?と思うのだが。

 

<関連商品>
電子タバコ これなら問題ありません

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です