低燃費時代のクルマ~走らなくなった自動車

最近発売された自動車は、加速がすこぶる悪くなった。排気量の少ないクルマの場合、以前は「走らないではないか」という不評を恐れ、アクセルを踏むとコンピュータがガバっとスロットルを開け鋭い加速を得ていたが、最近では少しでも燃費を良くするためそういう制御をやめたようだ。軽自動車はモッサリと本来のパワーになり、本当に走らなくなってしまった。

大排気量のセダンでは2速発進したり、燃料カットするなどして、あふれるパワーをわざわざ殺す制御をしている。シフトスケジュールもつねにハイギアを選択しようとするため、軽より走らなく思える時がある。

現代は「燃費」がすべてであり、正義なのである。

 

<参考購入先>
燃費改善グッズ いろんな燃費改善グッズがありますが、投資に見合う効果はほとんど期待できないものです
人気のカー用品
低燃費な中古車一覧 アマゾンの中古車。クルマも通販で買える時代です