高気密・高断熱の落とし穴~24時間換気とサッシの隙間

住宅の高気密・高断熱化に伴いサッシもそれなりの性能が求められるようになった。しかし、24時間換気の性質まで十分考慮したものはまだ無いようだ。我が家はトステムの樹脂サッシを導入したが、次のような問題があった。

 sassi   

 サッシの端部溝や窓枠の戸当たりに添って黒っぽいホコリが付いてる。これは外気が侵入している証拠。戸車の下にも隙間があり外の光が見える。

 3種換気は室内が負圧になるため僅かな隙間から外気が侵入してくる。冬場はここから冷気が侵入して寒く感じる。道路や鉄道などが隣接する地域では、音漏れも問題になる。

 我が家の場合、当初9割のサッシにこうした問題があった。アフターさんに何度も来てもらって調整してもらった結果、3割不良まで減ったが、調整に限界があり、完全に直らないところもあった。サッシに使われているゴムやパッキンをみると、元々気密が期待できるような作りではない。立派なカタログスペックも、現実の施工品質が伴わなければ絵に描いた餅だ。

 これらの隙間問題は、ホームセンターで戸あたり用のテープ(発泡ゴム)を買ってきて貼ることで解決した。以下はその対策写真。

 sassi2 sassi4

 基本的に、ゴムパッキンの裏側に発泡ゴムを入れて弱いバネ作用を付与する。これによってオリジナルのパッキンをそのまま活用する形でパッキンの「当たり」を改善できる。
 右の写真はFIX窓の底面に見られる穴を詰め、僅かな隙間を木工用ボンドでシールしたところ。この穴は結露した水を抜くためのものだが、結露しなければ不要、外気の侵入源になるため塞いでしまうと良い。

 実は、サッシに限らず床下から立ち上がってくる水道管や、電線引き込み(コンセント、分電板、電話線)、エアコンダクト、換気用パイプなどは、すべて冷気侵入の要因になる。建物を吹きつけ発泡ウレタンで施工しても後から工事が入れば気密の保障がない。穴をあけた部分はスプレー式の発泡ウレタンで後処理すべきだが、出入りする業者すべてにこれを周知徹底するのは現実的に困難だ。

 3種換気は設備コストが安いが、うまく機能させるためには建物側に厳しい気密性能を要求する難しい方式だ。細かい隙間を丹念に潰しておかないと自然吸気口から所定量の空気が入らず、計画換気はうまく機能しない。

 

<参考購入先>
戸あたり用テープ
家作りに役立つ本

<関連記事>
24時間換気システムの設計の落とし穴3【まとめ】
24時間換気のエアフィルタをノーメンテナンスにする
24時間換気システムの設計の落とし穴2~個室が寒いのはなぜか
24時間換気システムの設計の落とし穴