24時間換気システムの設計の落とし穴3【まとめ】

24時間換気システムはシックハウスを防ぐ他にも、汚染源(人間)が発するホコリや湿気を速やかに排出し、結露を防止する役目もある。しかし現実の施工には問題が見られる。その内容は、必要な換気量がなかったり、特定の部屋が寒くなるなど様々だ。本サイトでは、以前からこれらの問題について考察してきた。今回はその総まとめになる。24時間換気システムは、結局次のように計画すればよい。

 

1種か3種か
 24時間換気システムは、居室に正負どちらの圧もかからない1種が最も良い。建物の気密が怪しくても問題なく機能する。
 現実の施工ではシンプルでコストの安い3種がほとんどのようだが、3種は室内を負圧にするため、自然吸気口以外のところから意図しない換気が発生しやすい。そのため建物側に欠陥のない気密性能を要求する。サッシや窓に高気密のものが必要で、ダクト、電気配線、水道配管などあらゆる貫通部に丁寧な気密処理が求められる。ユニットバスの外側にも基礎の外気が通らない工夫が必要だ。これらを一つでも怠ると、3種は設計通りに機能しない。
 3種を機能させるためにはこのように建物側にコストがかかるので、結果的に1種よりコストが高くつくことがある。

 

施工結果の診断方法
 3種の計画換気が設計どおり機能しているか、確認をお勧めする。方法は、風速計を用いて自然吸気口の風速を計るだけでよい。φ100で1m/s 前後(手をかざすと風が吹き出している)の風速がないといけない。おそらく大半はNGだろう。ほとんどの施工業者は作りっぱなしで風量の測定などしない。まともに3種が機能するのは、F&Pの家くらいかもしれない。

 

吸気、排気の配置
 吸気はリビング(1F)だけにして、個室や寝室を含め他のすべての部屋を排気にする。寝室や洗面脱衣場には、湿度感応式、トイレは人感センサ付きの排気ファンが適している。
 このようにすると冬の寒さが和らぎ、汚染源(人間)の近くでホコリや湿気を排出でき、冷暖房との相性もよい。1Fに蓄熱暖房装置を設置すれば全館暖房も実現できる。

 

3種で個室を吸気にするのはNG
 世間では個室や寝室を自然吸気にしてしまう例が多い。この場合ショート経路が出来ると(リビングなどで窓を開けられると)個室の換気量がゼロになってしまう。外気が直接入るため、冬季は最も寒い部屋になり、フトンから出たホコリも溜まりやすい。

 

個別換気か、集中換気か
 各部屋に屋外に向けて排気ファンを設ける個別換気がよい。最も簡便で低コスト、換気も確実に出来る。最近のファンの音はとても静かなので夜間も問題にならない。寝室は湿度感応式にすることでほぼ無音に出来る。
 集中換気は複雑な圧損計算が必要、ドアの開閉で換気量が変動しやすい、湿度や人感といった細かい制御が出来ない、イニシャルコストが高い、冬季は直接外気が入り寒くなるなど、デメリットが多い。

 

熱交換式(ロスナイなど)は避ける
 熱交換式を導入してしまうとそれが存在する限り、メンテに手間と費用がかかる。熱交換が欲しくなるのは部屋毎に給排気をやろうとするからで、そうならないよう換気計画をすれば必要ない。

 

新築の際どうすべきか
 実際の空気の流れは建物の完成後でないと検証できない。換気計画は設計通りにならないし、夏冬過ごしてみないと分からないことも多い。そこで、新築の際は完成後に給排気を容易に入れ替え出来るように、全てのパイプダクトに100Vの電線を先行配線しておくと良い。我が家の場合はこれをやって正解だった。

 

fan1 寝室は湿度感応式の排気ファンを入口ドアと対角の場所に設置する。写真は我が家の寝室。付いているファンはパナソニックの湿度自動運転式パイプファン。ドアから室温の空気が入るので、真冬でも部屋が冷え切った状態にならない。寝室はホコリが出やすいが、これも排出される。湿度設定を40~45%とすることで、冬場も窓は結露しない。

 ドアを付けた場合、換気抵抗を減らすためアンダーカットが必要といわれるが、ドア周囲の隙間だけで十分な場合が多いようだ。我が家では必要なかった。(アンダーカットの必要性は「強」運転時、ドアの開閉状態によって音が変わらないことで判定できる。)

 

 

 <参考購入先>
湿度自動運転式のパイプファン
寝室や個室にお勧めのパイプファン。運転音が非常に静かで気にならない。我が家では個室を全部これに変えました
パイプファン一覧 いろいろ買ってみましたが故障しにくさ、音の静かさでパナソニック製が一番のお勧め
風速計 微風から動作できるよう、出来るだけ径の大きいものを選んでください

<関連記事>
高気密・高断熱の落とし穴~24時間換気とサッシの隙間
24時間換気のエアフィルタをノーメンテナンスにする
24時間換気システムの設計の落とし穴2~個室が寒いのはなぜか
24時間換気システムの設計の落とし穴