オリンピック惨敗?~結局メダルもカネ次第か

今回の結果は、オリンピックなどスポーツに対する国の姿勢がはっきり現れた形だ。スポーツにはカネがかかる。エンジェル投資家がいなければ、出元は税金しかないが、それもつい最近「仕分け」の対象になったばかりである。

日本は国を挙げてメダル獲得に取り組まない。これは、国が「オリンピックの効果が、投資に見合わない」と判断しているためだ。

メダルをとった個人も得るのは「栄誉」だけで、経済的なメリットはほとんど無い。いくらスポーツに励んでも、オリンピックの競技は収入に繋がらないものばかりだ。国の財政が厳しいときに、夢や娯楽にカネを使っている余裕は無いということだろう。それは家計が苦しいときに、子供のスポーツに大金を出す親がいないのと同じことなのか。

寂しいといえばそれまでだが、これが現実なのかもしれない。この分だと、次はもっと惨めな結果に終わりそうな予感がする。

 

<関連商品>
オリンピックは成功するか