試乗記~ホンダ CR-Z α CVT ナビ付

試乗日:2010/3/18

ボディ・内装
 最近のホンダに共通するアグレッシブなデザインで内装もそれに準じる。未来をイメージするものだが個性の強いメータ周りも含めアニメチックにならずうまくまとめている。
 内装も上質感がありスイッチなど操作系も高質感がある。ただ天井内側に吸音材が省略されていてバイザーをあげるとボン付く。
 ナビ一体オーディオもまずまず、音質はラウドなどイコライザをかけずフラット指向にまとめている。低域はスピーカの制約からほとんど出ないが高域のレンジも押さえているためそれなりにバランスが取れている。
 エアコンの空調も内外気の切り替えで音量差がなく、風量MAXでも煩くならないレベルに仕上げられている。
 シートベルトが非常にとりにくいが、肩の上から取らず腰のところから引っ張り出すようにすれば問題ない。
走り
 エンジンフィールは4気筒として普通、音はスポーツカーとして重要だがロードスターに較べるとまだ完成度が足りない。
発進はタイムラグを伴いガクンとくるため、ギクシャクしてしまう。トルクの立ち上がりも不自然でいきなりクラッチを繋いだときの挙動に近い。このあたりは改善の余地がある。いったん走り出せばモーターアシストにより力強い加速が得られ1.5Lからイメージする非力さはない。
 CVTに搭載のマニュアルシフトは応答が速くて使える。今までのマニュアルシフトがオマケ程度だったのに対し、やっとまともなものが出来たと感じた。
 ステアリングフィールは軽いボディと相まってきわめて鋭敏で、BMWを目標に仕上げたような感触である。パワステの重さも適度で、キビキビしたハンドリングを得ている。
 乗り心地は固すぎず、ロードノイズもこのクラス普通のレベルで不満を抱くことはないだろう。
総合
 ハイブリッドスポーツという新ジャンルで計画、エコとスポーツを両立させようという無茶な目論見を成功させたホンダらしいクルマである。
1トン少々の軽いボディに鋭いハンドリング、快適性能をバランスさせたこのクルマは、十年来見なかった珍しい「スポーツカー」である。峠だけでなく、コンビニに買い物に行くだけでもスポーツカーならではの楽しさを味わえるだろう。また、スポーツカーというと「パワー」「馬力」のことしか頭に浮かばない人がこのクルマを手に入れれば、スポーツカーの本当の意味を学ぶだろう。スポーツカーとしての良さを存分に味わうにはCVTよりMT版が良いが、残念なことに5MTではなく6MTである。マニュアルはほとんどの場合5MTの方がバランスが良いはずだ。
 値段はハイブリッドのせいで少々高い。1.5L+ロープレッシャーターボでエコを目指すという選択肢もあったのではないか。FF+NA はホンダの縛りだが、最近はステアリングジオメトリの設計が進歩してFFとFRのフィーリングに差がなくなってきた。
 ハイブリッドでもう一つ気になるのが電池交換費用である。交換したらいままで節約してきた燃料代とチャラになってしまうのでは、経済性のメリットは何もないからだ。
 出足のトルクの出方が問題で、改善を望みたい。

<関連商品>
CR-Zの人気アクセサリ
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です