EV自動車の普及とハイブリッドの将来

EVが急速に伸びているという。国の後押し(減税、補助金)によって車両価格が手の届くところに来たためだ。とはいえ、本格普及には課題が残っている。それは「充電時間が長すぎる」「電池交換が高額」ことだ。充電時間は「カセット交換式」によって解決するし、高額な電池も標準化による量産効果とリサイクルシステムが実現すれば下げられるかもしれない。

 現在普及しているHEV(ハイブリッド)には不思議な人気がある。今まで捨てていたエネルギーを回収・再利用する仕組みが、ユーザーに「エコ」を感じさせるのだろうか※。

※最もエコを実感できるのは、人力エネルギーを回収・再利用できる電動自転車である。

HEVは「回生充電」によって見かけ上高い燃費性能を実現できるが、その実燃費はカタログ燃費と大きく乖離しており実質20キロ前後といわれる。これだと最近のフィットやデミオに比べ少し良いくらいで、燃費のメリットはあまり言えなくなる。

私の考えでは、HEVの本当のメリットはモータアシストによる「ドライバビリティの向上」や「ダウンサイジング」にある。エンジンを軽く、小さくできる特徴を生かして、今までにないクルマを作ることが出来る。例えば、2Lエンジンで3L相当の高級車や、CR-Zのようなスポーツカーなどだ。この場合主役はあくまでエンジンである。

プリウスのような本格ハイブリッドには、どんなメリットがあるのだろう。私が思うに、プリウスが進むべき道は「低燃費の追求」である。本格ハイブリッドでなければ達成不可能な圧倒的低燃費。これが実現できなければいずれ存在意義を失うだろう。
現在のプリウスは、ドライバビリティとのバランスをとった結果、インサイトと実燃費が大差ないことになっている。燃費が同じくらいなら、本格ハイブリッドなど必要ない。当然安いほうが選ばれるだろう。値段を合わせて安売りすれば、製造原価の高いプリウスは苦しい。せっかく黒字になったのに、また赤字に逆戻りである。

 

<参考購入先>
人気のカー用品
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です