ソニーTX5とジッポーライター

私の手元にパナのFT1がある。防水・防塵・耐衝撃による利便性によって、現在最も活躍するカメラになっている。一つだけ残念なことは、肝心の画質(特に高感度側)がいまひとつなことだ。この問題は他社の類似機種も似たようなものだったが、最近登場したソニーのTX5はこの欠点を裏面照射センサーでカバーしている。これでメモリースティックしか使えなければ候補にもならないが、幸いなことにSDカードに対応している。

TX5の前面シャッターがスライドするギミックを見ると、ジッポーを思い起こす。もしこのシャッターの部分を金属製にして、ロックを外すと「キン!」という心地よい音と伴にスプリングスライドする仕組みであったら、相当注目しただろう。他人が見ても、「あれ欲しい!」と思わせるはずだ。
この手のカメラは、ボディにも金属を使うのが望ましい。金属ボディの商品は、使い込むうちに出来る傷や剥げが「味」になっていく。「道具」としての魅力が増すだろう。ボディの厚みを増して液晶モニタを3mmくらい引っ込めれば、タッチパネル液晶の利便も格段に良くなるのではないか。

ソニーは何かと小型軽量にこだわるメーカだ。しかし、小型軽量の延長にカメラの魅力は存在しない。世界最小を達成しても、ライバル会社を感心させるだけである。小型軽量も程々にして、道具として魅力あるカメラを作って欲しい。

p.s
サイバーショットはフルオートの機能に優れるカメラだ。どうせなら、少々ナナメにとっても内臓電子水準器で水平を自動補正する機能も搭載してもらいたい。

 

<関連商品>
防水カメラ一覧
ジッポーライター一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です