液晶モニタのフイルムを綺麗に貼る

最近は光沢液晶が一般的になってフィルム貼りが難しくなってきた。よくある問題が気泡や埃の混入で、適当にやっていては綺麗に貼れない。貼り方のコツは次のとおり。

用意する物は、セロテープ、ポリエステル不織布(洗車用)、レンズクリーナ(オリンパスEE,HCLなど)、ブロア。
フィルムはフリーサイズでなく、所定の大きさにカットされたものを買う。低反射コートされたものは指紋が光ってかえってみずらいので避ける。

1.自分の指を石けんを使ってよく洗う。
2.作業台とその付近の掃除をする。特に埃をよく取り除くこと。
3.貼り付け面の皮脂や埃を取る。蛍光スタンドの下で完全にやること。指紋のふき取りは不織布+レンズクリーナど)を使う。ブロアで飛ばない埃はセロテープで除去する。
4.フィルムを乗せて、気泡が入らないよう端部から徐々に貼る。
5.半分くらい貼ったところで位置ズレをみる。ずれているようなら貼りなおす。
6.全部貼れたら埃の様子を見る。埃がみつかったらその近くの4隅から剥がしてフィルムの裏にセロテープを当てて除去する。フィルムはセロテープを表から貼って持ち上げれば簡単に剥がれる。爪や尖った道具を使わないこと。

セロテープは粘着力が強い。べったり付けず軽く触る感じの使い方にするのがコツだ。
想像以上に技量が必要、これは商売になるかもしれない。