ホームシアター2~センターSPは必要か

hometh4 パイオニアHTP-S333付属のSPの音がいまひとつなのでフロントをSR用のCLASSIC PRO CSP6にしてセンターSPを廃止した。
 CSP6は2本1万前後で入手できる超ハイCPモデル。聴感上ハイ上がりだがS333との組み合わせでバランスがとれ、これ以上望めないかと思えるくらい素晴らしいサラウンドを楽しめる。

 

サラウンドについてアレコレ考えているうち、昔経験したことを思い出した。サラウンドシステムのポイントは

1.すべてのchに同等の(できれば同じ)スピーカを使うこと。
2.スケール、クオリティに関して映像と音のバランスをとること。
3.出来るだけシンプルに構成すること。

だった。

1は「全ch同一SPをつかうべし」という原則であり、設置や予算の制約でどこかを妥協すればそこが全体のクオリティを落とす結果となる(足を引っ張る)。

2はたとえば小さい画面に大型SPを組み合わせると映像が音の迫力に負けるし、広帯域のHi-Fiすぎる音は多くの映像ソースで違和感を感じるものだ。つまり、音は良いほどいいというわけでは無く映像とバランスをとることが大切である。

3は無駄な試行錯誤を減らすために大切なことである。サラウンドスピーカの組み合わせはマルチチャンネル同様泥濘に陥りやすい。プロセッサも前回述べたように高価な専用品より抵抗1本の簡易サラウンドの方が優れるケースがある。機会があれば検証してみたい。

CSP6導入に伴いセンターSPを廃したが、センターSPは多くの人の悩みとなっているようだ。センターSPは元々映画館などの大スクリーンに対して左右にしかSPが無いと中央抜けしたような音場になる問題を回避するためもので、たかだか数メートルのスクリーンでは不要といっていい。
「セリフだけのための専用SPは、あった方が良い」などと考えて中途半端なセンターSPを用意すれば全体を台無しにしかねない。
だから、センターSPは最初から「無し」で計画するのがよい。センター音声はフロントSPのステレオイメージで中央定位させるのが適当だ。最近のプロセッサは設定で「センターなし」にすればセンターの音声を自動的に左右にmixしてくれるので問題ない。

ホームシアターの目標は「製作者の意図した音の再現」だという。センターを無しにすることはこの目標から遠ざかることを意味するが、一般家庭では制約が多すぎてこの目標自体が実現困難である。実現不能な目標は無視して上記のポイントを押えていった方が、満足いくシステムを得やすいはずだ。

 

<参考購入先>
Pioneer HTP-S333 アマゾンからまだ買える模様。優れたサブウーファと一体になった決定版。
CLASSIC PRO / CSP6 サラウンドのフロントにお勧め。以下はCSP6の特性。アバレがありHi-Fi用途には問題ありそうだがAVアンプで自動補正して使う分には問題ない。安いのが最大のメリット。

<関連記事>
ホームシアター