FT-86とスポーツカーの終焉~なぜ頭文字Dとコラボしなかったのか

 FT-86はAE-86をイメージさせる。ターゲットは若者だというが、中身を知るにつれ疑問に思えてくる。まずは動力性能。ライトウエイトのキビキビしたハンドリングを求めた場合2LのNAに1.25トンはやや重い。この重さはターボでちょうど良いくらいだ。軽量化を頑張ったようだが、2LのNAなら1.1トン台でないと苦しい。

 

 コンセプトカーのデザインはもう何とも言いようがない。デザイナーはガンダムの見すぎではないだろうか。今時スポーツカー乗りはただでさえ「クルマおたく」に見られる時代。さらに「アニメおたく」のイメージを重ねてどうするのだろう。これでは恥ずかしくてデートカーにもできない。市販車で改善されることを祈る。

 86イメージなら人気漫画「頭文字D]を利用しない手はない。AE-86のイメージを現代風に蘇らせ、「頭文字D]を販売戦略に利用することが出来たら、かなりの確率でヒットするに違いない。86のイメージを最大限利用するためにはボディを白黒2トーンとしリトラクタブルヘッドライト、エイトスポークをイメージしたアルミを付けてレトロ調に仕上げるのが正解のはず。メータ周りはアナログ指針式以外ありえない。6MTも問題。フィールを磨き上げた5MTにすべきだろう。

 1.1トン台の重量を達成するためにはリアシートやトランクスペースなどの実用性能に思い切った「割り切り」が必要だ。荷物置きにしかならないリアリートは当然省略の対象である。

 お節介な「電子制御」はすべて廃してワイヤーと油圧に戻すことはできないか。今時放っておくと何もかも電子制御にされてしまいそうだ。電子制御はクルマの味を薄め違和感を増すだけである。

 

<関連商品>
FT-86関連商品
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きに
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗ります
3M傷防止フィルム ドアノブひっかき傷防止に
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダー
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤