試乗記~ダイハツ コペン

試乗日:2011/10/10

ボディ・内装

コペンのスタイルはとても美しく今でも色あせていない。内装もロードスターと同じUIに問題があるが、スポーツムード十分である。純正オーディオの音質は音域を欲張らずバランスの良い音にまとめられている。
ウインカーレバーの質感が低すぎる。プラスチックの棒を折るような感触は20年前のファミリアと同じだ。

走り

 ターボラグを強く感じるエンジン、スポンジーなブレーキフィール、硬いだけで細かい凹凸を良く拾うサス、ブルブル、ガタピシいうボディなど、すべてが10年以上前のレベル。走りに関して取り上げるような点は見あたらない。

総合

見た目はよいが、クルマの基本性能は完全に過去のレベルにあり、モデルチェンジが望まれる。

 

<関連商品>
コペンの人気アクセサリ
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です