正月におせちを買ってはいけない理由

 注文したおせちが正月までに届かない。中身が写真と違う・・去年も同じニュースを聞いた覚えがある。毎年懲りないものだ。我が家も「おせち」を食べるが、それはスーパーで買ってきたもの。

 売っているおせちは、とにかくマズい。

 

 カズノコは不自然に黄色い。こんな色の付いたものがなぜ売れるのだろう。キノコは毒が強いものほど色鮮かだというではないか。毒々しく色鮮やかな食品は、敬遠されそうなものだが・・多くの主婦は本来のカズノコを見たことがないのだろう。

 おせちの甘辛い味付けにいたっては、もはやお菓子。この味付けがニーズというなら、日本人の味覚はどうかしている。

 不自然にカラフルな色合いと、濃すぎる味付け。これはおせちにかぎった問題ではない。

 

 正月におせちを買うのは「作るのが面倒くさい」という事情もあるようだ。そこには「正月くらい家事を楽したい」という本音がある。それならば、外食してはどうだろう。昔と違って、現代は元旦から営業する店が多い。

 おせちと同じ金額で、よりマシな食事にありつけるに違いない。

 

<参考購入先>
おせち料理 華やかなお祝い料理ですが、1万円も出して買うものではないと思ってます