プリウスの燃費~ビックマックの高さが写真の半分でも許される世界

ファミリーレストランで注文すると、出てくる品物は写真の8割くらいのものである。日本人はいこういうことに慣れているから、買った車の燃費がカタログの8割くらい違っていても文句を言わない。

プリウスの燃費は、既に報じられているようにカタログの5~6割しかない。でも同じような事例は食品の世界でもある。マクドナルドのビックマックだ。これも直径と高さの比率が写真とずいぶん違う。しかし誰も文句を言わないのは、つぶれているだけ、と多くの人が思っているからだろう。しかしプリウスは実質でカタログの半分しか走らない。これが問題にならないのだから、購入者はよほど寛容なのだろう。

プリウスの燃料が公称とかけ離れてしまうのはバッテリが原因だ。一般に燃費を計る方法は、使った分の燃料をマンタンまで入れて入った量を基準にする。だからバッテリも使った電気を最後に「燃料を燃やして」もとの電圧まで充電ししなければならない。カタログ燃費はこのことを正確に考慮していないから、実燃費と異様にかけ離れた数字がでてくるというわけである。使った分の電気を充電しなくてよいなら、みかけの燃費はいくらでもよくなる。これを「バッテリの持ち出し」分というそうだ。

JC08という燃費計測では「バッテリの持ち出し」分について計算補正が入っている。それでも実際とかけ離れてしまうのは、補正の内容が正しくないのだろう。

ガソリンを燃やして、発電して、直流に変換して、充電して、必要になったら再び放電して、交流に変換して、モータを回して、動力にする・・なんてことやるくらいなら、ガソリンを燃やして、それを直接動力にしたほうが効率的なことは自明だ。プリウスはバッテリをはずした方が、燃費が良くなる」なんて都市伝説があるが、場合によってはありうる話だ。

 

<参考購入先>
人気のカー用品
低燃費な中古車一覧 アマゾンの中古車。クルマも通販で買える時代です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です