ニンテンドーは復活するか~3Dはお金にならない

みなさんは自分のクルマのメータが3Dになったら素晴らしいと思うだろうか。経営者は時々、近所のオバチャンに劣るように見えることがある。3Dのポテンシャルは「オマケ」を超えず、そこから「新たな市場」も「付加価値」も生まれない。それは以前述べたように「最初からわかっていたこと」ではないか。新しい技術、世の中にない商品だから、期待も大きかったろう。しかし最終的にジャッジするのは「消費者」だ。

ニンテンドーが復活するには、新たなサービスとやらを展開する前に、まず失敗の元凶となった3Dから一刻もはやく撤退することではないか。3Dに関係した人、モノ、時間、コスト。いまやこれらのすべてがマイナスのキャッシュフローしか生まない。これはソフト開発側にとっても同じことだ。多大な工数をかけて作った「3DS専用ソフト」が特定のタイトル以外売れない。このままでは3DSと一緒に心中である。

3Dから撤退といっても容易ではないが、3DSの「3D無し版」をソロバンが合う価格で出して、そちらへ移行を促す手がある。旧DSの下取りサービスでもすれば、3DSの価格改定で顧客を「裏切った」罪滅ぼしもできよう。

我が家には3SDがあるが、3D表示にすると見た目に違和感がある※上、横から覗き込んだときよく見えないので3Dのスイッチは常時OFFである。兄弟や友達同士で同じ画面を覗き込みながら遊ぶのはよく見る光景だ。
我が家にはDSiもあるが新タイトルの多くが「3DS専用ソフト」なので時々兄弟ゲンカが起こる。でもそのために3DSを買い足そうとは思わない。必要の無いオマケ機能にお金を使うのは勿体無いからだ。はやく3D機能の無い新機種を出してほしいものである。

※3D映像は所詮目の錯覚である。長時間見ていると体調がおかしくなるのは、脳の映像処理に負担をかけるせいだろう。

 

<参考購入先>
ニンテンドーの商品

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です