重量物に耐える棚の問題~スチールラックは本棚に使えるか

 市販の本棚の多くはMDFか、MDFの芯材にプリント化粧合板を貼り付けた簡単なもので、本の重量(一般に30~40kg/棚)に耐える構造になっていない。
 一部に耐荷重の高い商品があるが、材質がMDFの場合がほとんど。この材料は本の重みでどんどん曲がってしまう(クリープする)欠点がある。
 耐荷重が十分で、クリープが起こらない棚板の条件は、厚さ18mm以上の無垢材か集成材となる。これを本棚を選ぶ前提にすると、商品が限られてしまう。

 

 これらの問題は材質を「鉄」にすれば解決する。鉄の強度(ヤング率)は木材よりはるかに高く、木材のようにクリープすることもない。家庭で使えるスチール本棚の候補にルミナスのテンションラックがある。比較的安価でフレキシビリティに富み、天井突っ張りすることで転倒防止もできる優れものだ。

しかし、この手のスチールラックには次の問題がある。

1.室内使用で錆びしまう
2.棚板の摩擦が低すぎて本がすべりやすい
3.棚板の調整がしずらい

 1の問題はクロムメッキの品質がよくない為に起こるもので、ルミナスに共通する問題点。1年くらいでサビが見え始め、次第にひどくなって見るに耐えない外観になる。商品の梱包にも問題があり輸送時についた傷がもとで錆びる場合もある。

123940323466016310061_sabi 写真は錆が出てきたルミナスのポール。最近の商品はクリアコートされているというが改善できていない。

 

 2の問題は棚の面がワイヤーになっているのが原因で、この問題は1.0~1.5tくらいの透明塩ビシートを敷くことで改善する。これは後述する通販かホームセンターの切売りを利用するといい。塩ビシートなしでは本やCDのような縦長の物体をまともに収納できない。

 3の問題は後から棚の調整をする際の話で、棚とスリーブが分離しにくいため4箇所すべてを外れた状態にすることが難しい。地震対策用の天井突張りを利用したり、上の棚を利用して紐で吊るなど、何らかのサポートが必要である。無理して作業するとポールがキズだらけになってサビの原因になる。なお組立や調整には大き目のプラスチックハンマーが必須になる。

 ルミナスは上記3つの問題点をクリアすることで理想的な万能収納棚になる。 他にもアイリスオーヤマの商品が候補になる。

 見てくれを気にしない人は業務用のスチール本棚を選ぶ手もある。最近では落ち着いた色もあるようだが、一般に高価なうえ、金属のためビスが打ちにくく、地震対策がやりずらい難点がある。

 

【ルミナスの候補】

 本棚には奥行き34cmのテンションラックが適しており、MDの型番で市販されている。これはディバイダ、サポート柵、円形アジャスターなど必要なものがすべて揃ったセットで、旧TEシリーズのように後からオプションを追加する必要が無い。
 付属のディバイダはメーカ写真を真似せず「天井側」に取り付ける。サポート柵も間隔が広い棚には上下に必要だ。
 同じサイズをまとめ買いするといろいろ融通が効く。例えば7段のテンションラックを4台購入し、真ん中のポールを共有して6段2列の千鳥配列にすると、1台分の部品が余るのでもう1台つくれる。

 

【参考購入先】
ルミナス テンションラック 棚のすべり止めと防錆して使えば一生使える頑丈な棚です
ルミナスパーツ 随時いろんな商品が追加されています。ラックに敷くシートも種類が増えました
ベッセル ゴムプラハンマー スチールラックの組立分解にプラスチックハンマーは必須です

 

【実施例】

syuunou1  ワイヤーシェルフの通気性の良い特徴を生かして布団ラックやシューズラックも作れる。写真は我が家の玄関納戸にあるテンションラックで、真ん中のポールを共有して千鳥配列で組んである。

 通気性の良いワイヤーシェルフは靴の収納に最適。この例では最下層がシューズラックになっている。収容力はシューズフォルダーで強化。湿気の多い靴を箱の中に閉じ込めてしまうゲタ箱(シューズボックス)は間違った収納の代表。

 

 ガラス戸付きの本棚は「お飾り」で実用性に乏しい。オープンラックをウオークインクローゼットや納戸の中に作るのが実用的だ。

 <関連記事>
ルミナスは錆びる2~防錆効果の検証