試乗記~トヨタ86 G AT

試乗日:2012/5/31

 

ボディ・内装
 本格スポーツをイメージさせる前衛的デザイン。シートに座ると深く沈みこみ、RX-7に乗ったときのことを思い出させる。
シートベルトは取りやすいようホルダーが付いているが、シートと一体で布製のため耐久性に懸念がある。
内装は安っぽい。一応部分的にクッションが入っているが安いシボではそのメリットが生かされない。バイザーは梱包材のような質感。天井裏は空洞でボン付く。
操作系のタッチはまあまあ。Gグレードのオーディオは2スピーカ、高域が不足した篭ったような音色で音質に語るべき特徴はない。
空調は風量最大のときの音がやや大きい。外気循環にしても大差ない。噴出し口のデザインを優先した弊害と見られる。
Gグレードのタイヤは剛性と乗り心地がベストバランスな205/55。GTの215/45は轍にハンドルをとらやすいかもしれない。
走り
 エンジン音やロードノイズがやや大きい。遮音、防振材料は、軽量化を兼ねてかなり抜いたと見られる。エンジンの音色はまずまずのレベルで、後述するおせっかいなサウンド制御さえなければスポーツカーとして違和感ない音が聞けたはずなのに残念。
ブレーキフィールはまずまずで不満ないレベル。
 ATのアクセルとスロットル開度が一致しない。タコメータの表示と回転音もなぜか一致しない。電子制御の介入によるものと思われるが、致命的でない。
 ATは低回転からたっぷりしたトルクが感じられ、1.2トンの重さにもかかわらず非力、重鈍な印象を与えない。
 スロットルを空けたときだけ排気量が不自然に拡大される。消音量を可変にする機構が仕組まれている模様。
 ステアリングフィールには甘さや不自然さがなく、スポーツカーとして合格レベルにある。
 ATのシフトチェンジの応答は速く、優秀。これならマニュアルモードも使えるかも知れない。
総合
 トヨタから本格的なスポーツカーが登場した。アルテのときは評判に騙された人が多かったが、これはかなりマトモだ。ただ86のフンドシは必要なかった。86を名乗るなら、頭文字Dとコラボしたら相乗効果を発揮できたかもしれない。
 重さに対してやや動力不足と思ったが、パワートレインのバネ剛性が高く、操作に対する応答が速い。これによって、合格点のハンドリングを獲得している。
 遮音材を省いて快適性能がやや犠牲になっているのが残念。ロードノイズが大きいといってもR32DETと同レベル。重量などいろんな要素を考慮したベストバランスがこれなのかもしれない。
 世の中にはもっとひどいクルマがたくさんある。長時間の運転がつらく、降りたくなるようなクルマ、同乗者に厳しいクルマはスポーツカーではない。そんなクルマをスポーツカーと称して作り続けてきたことが、スポーツカーが売れなくなった一因だ。
 6MTの検証はできていないが、ギア比をチェックしたところ問題ない。但し5-6間が大きく開いており6速は完全に高速巡航用である。
 アクセルに連動したサウンド制御は不自然。スポーツフィールを損ねる余計な機能。MCで撤廃してもらいたい。

 

<関連商品>
FT-86のアクセサリ
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きにも使える超微粒子コンパウンド
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗るユニークな商品です
3M傷防止フィルム 耐久性の高い3M製。ドアノブひっかき傷防止、ドアミラーの外周に。
クルマを買ったらすぐ貼る定番シールです
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダーです
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です

<参考>
スポーツカーとは何か