2012スポーツカー選び 86はポルシェと肩を並べるか

gear1  86の登場によってスポーツカーの選択肢が増えた。ギア比のデータが出揃ったのでたので、早速検証してみた。比較対象は、自分が乗ってきた車(スカイライン2.5LNAとロードスター1.8L)およびスポーツカーの有力候補(86とスイフトスポーツ)、本格スポーツまがいの商品だったアルテの5車種である。スカイラインのギア比は5速の代表として速度レンジの参考になる。
左のグラフは4000回転のときの各ギアの走行速度を示している。4000回転を目安にシフトアップしていったときの速度だと考えてもらえばよい。

トップ(6速)の速度をみるとアルテとロードスターが低いことからこれらはギア比が低めの設定なことがわかる。ロードスターは5速より狭いレンジを6速に区切っているため3000回転以下でシフトアップするような運転の仕方だとシフトチェンジが忙しすぎてチェンジそのものが面倒に思えてくる。アルテはギアの間隔が大きくばらついており3-4速間が狭すぎで違和感を生む結果になっている。

86とスカイラインのトップはその前のギアと開いており、完全に高速巡航用である。86のギア比は5速までがロードスターに似て狭い。低回転でシフトアップするような運転操作をすると同じように忙しいかもしれない。

スイフトはギアの間隔にややばらつきがあるが、レンジそのものは5速のレンジを6分割したような形をしている。本来6速ギア比はこのように5速以上のレンジを6分割した形が望ましい。ロードスターのように5速より狭いレンジを6分割した設定は1L以下のクルマ(たとえば軽自動車)に適している。

私は今までいろんな排気量の車に乗ってきたが、スポーツカーに適した排気量は1.6L~2L、車重は1.2トン未満と考える。 2Lを超えるエンジンを積むと車重が1.2トンを超え、慣性モーメントも増える。そのためいくらパワーがあっても日常操作で重い感じが払拭できない。価格が高くなってしまうのも問題だ。1.5L以下はダメではないが、登坂道や高速道路に行くと非力で動力性能に不満を感じるケースが多い。

86の成り立ちは確かに素晴らしいが、いまやクルマ以外に娯楽が多い時代。クルマに3百万払おうと思う人は少ないのではないか。その性格や内容からして、ポルシェのようなニッチな市場でしか商売が成立しないように思える。
86ミステイクは、排気量を2Lに決めたことだろう。1.8Lであれば価格と重さがもう少し下がってバランスの取れたスポーツカーになったかもしれない。

私のようなパーソナルユース向けに軽のスポーツカーがあるとうれしいが、絶滅していて選択肢がない(コペンは中身が古すぎて対象外)。現代のエンジンに6MTを組合わせた軽のスポーツが欲しいところだ。非力なエンジンをめいっぱい働かせて、元気に走らせるのはさぞや楽しいだろう。

スイスポはFFである。私はずっとFRにこだわってきたが、普通に走る限りFFとの違いは無いに等しい。FFのトルクステアが違和感を与えていたのはもう20年も前の話である。今までスポーツカーといえばFRだったが、FFはプロペラシャフトが不要で足回りの部品も少なくなる分軽量化に有利である。本当はFFの方がスポーツカーに向いているのかもしれない。

 

<関連商品>
ハチロク
人気のカー用品