試乗記~スバル BRZ S 6MT

試乗日:2012/6/8

基本的には以前レビューした86と同じなので、重複する説明は省く。

ボディ・内装
 フルオートエアコンは左右別々に温度が決められるが、必要のない贅沢機能。別々の温度設定など要らないから下のグレードにもオートエアコンを標準装備してもらいたい。快適装備はロードゴーイングでデートカーに使われることもありうるスポーツカーにとって大切な要素だ。
走り
 MTではエンジンの素の特性を観察できる。ATで感じていた低回転トルクの豊富さはなく、動力性能は排気量/車重相応で若干非力さを感じさせる。
アクセルに比例してエンジン音を大きく聞かせる騒音拡大機能はやはりフィールを損ねる。これがなければ本来のサウンドが聞けるはずなのに惜しい。
 6MTは極端に短いゲート幅とショートストローク。こうなるともうミニチュア。ストロークは短いほど良いというものではない。
 入りやシフトフィールは合格レベルで、過去経験したような6MTに共通するシブさはない。6MTも良くなってきたことを実感した。ロードノイズはさして大きくない。86のGグレードでロードノイズが気になったのはタイヤのせいかもしれない。
 Sの乗り心地はかなり硬い。舌を噛みそうになるほどではないが、会話中に段差を超えると顎の動きに影響して発音に支障がでることがある。
 215/45タイヤで気になっていた轍にハンドルを取られるような問題はなかった。
総合
 2Lに対し1.2トンは心配した通りスポーツカーとしては重いようだ。ギア比を低めの設定にして動力性能とバランスを取っている模様。高速応答のATは悪くない。このクルマはATで乗るほうが良いと感じた。
改善点は多い。特にアクセルに連動した騒音拡大機能はせっかくの雰囲気を台無しにする。MCで撤廃してもらいたい。

<参考購入先>
BRZの人気アクセサリ
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です