試乗記~スズキ スイフトスポーツCBA-ZC32S 6MT

試乗日:2012/6/8

ボディ・内装
 空調の音はやや大きめ、オーディオはせっかくの2way6スピーカなのに音質はあまりよくない。
インテリアは値段相応で安っぽく見えない。うまくまとめている。
シート生地はツルツルの樹脂製で、背中が滑って落ち着かない。クッションの当たりや硬さも不自然。このあたりは価格相応といえる。
走り
 MTの入りは問題ないがグニグニ、ゴトゴトいうフィールにやや違和感がある。
ブレーキフィールは合格レベル。ステアリングは軽すぎて接地感に乏しい。
エンジン音やフィールは問題ないが、何かの補機の音が小さく聞こえる。こういうノイズは少し気になる。
クラッチは軽すぎるという意見も見られるがパワー相応であり問題ない。
乗り心地は良いほう、ロードノイズはBRZと同じくらい。
パワー感は1.6L相応、日常不満ないレベルといえる。
総合
 スポーツカーとしてみると1トンのボディに1.6Lあたりがボーダーラインなのだと感じた。パワー感は86とよく似ている。ちなみに排気量(L)/車重(ton)の値は86にほぼ等しい。
 スイフトスポーツは日常のゲタ代わりに使えるスポーツカーで、大きな欠点も無く「走る楽しさ」を堪能できるのは間違いない。ただスタイルが地味なので86のように積極的なライフスタイルの演出ができない点が残念。シフトフィールとシートのツルツル感が気になるが、86より100万円も安いことを考慮するとお買い得といえる。
 オーディオも不満が出るところ。残念ながら純正ツイータとトレードインできる商品は無い模様。ハイパスコンデンサをフィルムに換装るだけのアップグレードに留まりそう。カーオーディオのチューンは難しいので、純正である程度のクオリティが欲しい。

 

<参考購入先>
スイフトの人気アクセサリ
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です