グリーンウォータと対策

太陽の光が直接、間接的に当たる場所に設置した水槽の多くはグリーンウォータになる。これは植物プランクトンの増殖が原因だ。水槽内の魚にとっては有益で硝酸塩の固定にも寄与するが、水槽の中が見えなくなるため鑑賞目的には有害である。

 グリーンウォータの原因である植物プランクトンは微小で濾過でキャッチするのは困難である。私もコーヒーフィルタを使って工夫してみたがほとんど成果をあげることができなかった。
 グリーンウォータの対策には「マシジミ」(淡水シジミ)が有効であり、これを導入しようと塩酸処理した田砂(前記事参照)を入れたらシジミを入れる前にほぼすべての植物プランクトンが凝集沈殿してしまった。いったいこれはどうしたことだろう。

greenw2  濃緑色でほとんど中が見えなかった水がすっかり透明に。底には凝集したプランクトンの塊が見える。
 水槽に入っているのはパイロットフィッシュに使った子赤数匹と、立ち上がり後に入れたドジョウだ。



炭酸カルシウムを含む砂に塩酸を加えると

CaCO3+2HCl→CaCl2+H2O+CO2

というように塩化カルシウムCaCl2が生成される。そこへ中和のために水酸化ナトリウムを加えると

CaCl2+2NaOH→Ca(OH)2+2NaCl

となって水酸化カルシウムCa(OH)2 別名「消石灰」が生成される。この水酸化カルシウムには凝集作用があるといわれる。そういえば中和作業のときアルカリに傾くとモヤを生じることがあるが、これは水酸化カルシウムによって濁りが凝集されたのだろう。

今回は塩酸処理した田砂の中和過程で多少アルカリになってしまったものを、「まあいいか」で済ませたため、若干の水酸化カルシウムが水槽に入り植物プランクトンの凝集に作用したようである。

 凝集材といえば身近なものに「ミョウバン」がある。こちらはPHが酸性に傾くから、ミョウバンと水酸化カルシウムを混合してPH調整したものを使うとよいかもしれない。ただ凝集材は僅かな量で効果があるようなので、どちらか一方でも問題ないだろう。
 いずれにせよ、凝集材は水の濁りを解消する有効な手段のようである。

 

<関連商品>
ニゴリスッキリタブレット 凝集剤を手軽に使えるようにした商品

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です