PCオーディオ再生の問題点

下の表はRMAAを用いて手持ちのサウンドカード Creative Sound Blaster X-Fi Digital Audio(SB-XFI-DA)をWindows標準のMME(MultiMediaExtention)ドライバでループバックテストした結果である。左から、SP出力→ラインIN、光出力→光IN、光出力(48kHz)→光IN(44.1kHz)である。

 

loopback1

普通はアナログよりもデジタルの方が劣化が少ないはずなのに、アナログ接続よりもデジタル(光同士)接続の方が悪い結果となっている。一番右のようにサンプリング変換が発生する形にすると歪率が著しく劣化し、周波数の上限もショートする。これだとマザーのオンボードサウンドのほうがマシなくらいだ。

このような信号劣化の原因はMS製のサウンドドライバによるものだろう。サンプリング変換が発生すると著しく劣化するのは、リサンプリング処理が適切に行われていない証拠といえる(ちなみに44.1kHzの整数倍なら劣化は無いようだ)。いずれにせよ、これだけ劣化が著しいと聴感上も判別できる可能性がある。

このようなMS製のドライバに起因する劣化を回避するために、KS(Kernel Streaming)、WASAPI(Vista以降)、ASIOなどのドライバが提供されている(メーカ独自のものは機器に制約を受ける)。これらはいずれも劣化の原因となるMS製のドライバ(Windowsのカーネルミキサー)をバイパスして元に近いデータを送り出せる。

一方、これらのサウンドドライバが使える汎用再生ソフトは限られていて候補は現状 foobar、Winampくらいである。foobarが手軽でお勧めだ。実際foobarにWASAPIをインストールして音を出してみると透明度が増してクオリティアップしたように感じられる。この効果をRMAAを使って定量的な評価をするためにはRMAAproを入手する必要がある(pro版は有料でASIOを使ったテストに対応)。

foobarがイヤな人はASIO4ALLというドライバを使う手がある。これは擬似的にASIOを実現するソフトだが、再生ソフト側でASIO4ALLのドライバをセレクトできないと使えない(WMPなどは無理のようである)。他にはMMEを選択してボリウムを99%以下で使う手もあり、この設定でMS製ドライバでも致命的な音質劣化を回避出来るようだ。

 

<参考購入先>
人気のサウンドカード サウンドカードで決まるPCオーディオ。Creativeがお勧めです

<関連記事>
MP3でハイレゾを越える究極のデジタルサウンドを楽しむ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です