2013年デジタル一眼選び~進化したフォーサーズの画質

わが家にはニコンFE-2がある。銀塩時代のカメラだ。ほとんどのパーツが金属の削り出しでできていている。触ってみると、ひんやりとした金属の質感、ずっしりした重みがある。ファインダーを覗くと油の「匂い」が鼻から入ってくる。シャッターを切れば、心地よい音と振動を得る。触っているだけで楽しい。大口径のレンズを付けると、自分のウデ前とは無関係に創作意欲が沸いてくる。1台買えば一生モノで、親から子供へ受け継いで使っていける。カメラとは、そういうものだった。

現代のデジカメは数年で陳腐化し、5年で価値がなくなる使い捨てのオモチャだ。機能・性能は劇的に進歩したが、逆にモノとしての価値はこれ以上落ちようがないところまで退化した。もはや、ただ記録するだけの道具でしかない。
私は銀塩時代のカメラを知っているから、今のカメラにもモノとしての価値を求めてしまうが、プラスチッキーなボディ、トレットペーパの芯のようなレンズを見ると、もう諦めた方がよい様に思えてきた。

銀塩時代のフォーマットを引きずるAPS-Cセンサ一眼は、曲がり角にきている。フォーサーズのセンサノイズが改善され、画質が十分になってきたからだ。皆がデカくて重いAPS-C一眼を我慢して使うのは、そちらにまだ画質の面でアドバンテージがあったからだろう。画質が大差ないのなら、フォーサーズで十分と考える人が増えるに違いない。

 

APS-Cセンサでも小型の商品がある(ソニーNEX)。狭いところへ部品を詰め込んで小型化するのはソニーの得意技だ。しかし本体は小さくなってもレンズは小さくならないから、レンズだけがデカくて不恰好、どうみてもバランスが悪い。こういう無理な設計の商品はいずれ廃れるだろう。
近年ミラーレスの独自マウントが乱立。どれも将来性に不安がある。フォーサーズを提唱したオリンパスは初期の苦しい時期をよく乗り越えたと思う。いまやレンズも増え、パナの協賛を得て、安心できるフォーマットになった。

いまフォーサーズで候補になる機種は、オリンパスOM-D,E-PL5,パナソニックGH3,G5の4機種。これらはいずれも画質が十分なレベルに改善されたカメラだ。
オリンパスは相変わらずデザインのリファインが足りない。E-PL5は今やコンデジにも付く電子水準器が無いしどちらもストロボ別付け。パナは家電メーカらしく動画性能に優れ、機能的にネガの無い商品企画が魅力。ただし手振れ補正はレンズ側。ここでいつも引っかかってしまうのである。

パナのカメラにオリのレンズを付けると手振れ補正が利かない。オリのカメラにパナのレンズを付けるとレンズ内臓の手振れ補正機構が無駄になる。同じフォーマットを使いながら別々のモノづくりしており、相乗効果を生まない残念なマーケティングをしている。

 

裏面センサが普及したおかげでハイエンドコンデジもよくなっている。ハイエンドコンデジとフォーサーズはノイズ性能に露出2段くらいの差があるが、F2未満の明るいレンズならフォーサーズのズームキットに対し実質1段の差しかない(レンズが1段明るければ、ISOの感度を1段上げずに済むため、その分ノイズが減る)。フォーサーズでもまだデカい、と思う人にとって十分候補になりそうだ。

 

<関連商品>
フォーサーズ商品一覧
デジタル一眼レフ

<関連記事>
ソニーNEX~Eマウントはβ方式と同じ末路か

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です