RAW現像ソフトの問題点

デジカメの黎明期はWBや露出が不安定だったのでレタッチをよくやったが、その頃RAWはなくjpeg修正で苦労したのを思い出す。現在は技術が進歩したおかげで撮りっぱなしでも十分なケースが多くレタッチはほとんどしなくなった。RAW撮影&現像までやるのはプロのほか仕上がりにこだわる一部のアマチュアくらいだろう。私の場合は趣味で作った創作物を撮る機会が多く、現物の質感を写真で表現する為にRAW撮影&現像が必須となっている。

RAW撮影可能なカメラには現像ソフトが付属するが、オマケか市販ソフトの機能限定版である。ニコンの場合ViewNX2というオマケが付いてくる。画像の転送から現像、jpeg出力までシームレスに作業できる優れものだ。

 

ViewNX2には私的に問題と感じる部分がある。現像パラメータを保存できない、長辺の画素数指定しかできないリサイズ機能がそうだ。このような機能限定はソフトを使いにくくしているだけでCaptureNX(高機能版)の購入には結びつかない。使い勝手を損ねるだけの機能限定は早急に改善してもらいたい。

 ViewNX2レベルの現像で物足りない人はCaptureNXやLightroomなどの市販ソフトが必要になるが、費用や品質の面で問題がある。
 RAWフォーマットはカメラ毎にバラバラのため、新しいカメラが出る度にソフト側のサポートが必須だ。ところがソフトの多くはメジャーアップデートを機に旧バージョンのサポートを打ち切るため、数年後に新しいカメラを買えるとソフトも同時に買い替えが必要になり思わぬ出費になることがある。
 品質の問題は編集中にフリーズしたり処理が異様に重い製品が見受けられることだ。いくつかDLして試用してみたが多くのソフトが値段に見合う品質を備えていないと感じた。

結局これらのソフトは維持費用を経費に計上できるプロ向けのもので、アマチュアを対象とした商品ではないようである。

今ではRaw Therapeeといった優秀なフリーソフトもある。この存在を考慮するとRAW現像ソフトの価格は5千円以下が妥当ではないか。このくらいになれば多くのアマチュアは購入してもソンはないと考えるに違いない。

 

<参考購入先>
画像処理専用ソフト
Lightroom
Capture NX
カラーマネジメント モニター 正確な色再現に欠かせないモニターです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です