赤いスマホG’zOne はシャア専用か~G-SHOCKに共通するカシオの問題点

カシオのG’zシリーズは堅牢製に優れた数少ないケータイだ。携帯機器に堅牢性は必須。しかしそのアニメチックなデザインが商品の魅力を半減している。アニメメカをモチーフにことさら堅牢性をアピールしたような外観は同社の時計やカメラにも見られる共通の欠点だ。

このデザインのせいで使う人がアニメオタク、ミリタリーオタクに見えてしまうのは残念なことだ。堅牢性は機能の一つにすぎない。こういった機能は一見それとは見えないさりげない装いの中で実現べきものだ。

 

カシオにはG-SHOCKというヒット商品がある。この時計はデザイン以外にも外装やバンドに耐久性の低いプラスチック(ウレタン樹脂)を使っているところに問題がある。耐衝撃性は確かに優れているが、寿命は最低の部類に入る。空気中に置くと劣化が進み、使わなくてもいずれ壊れる。こういう明らさまな使い捨て消耗品は購入対象にならない。ましてやコレクションするなど考えられない代物である※。

時計は最も進んだ携帯機器の一つだ。高強度ガラスとチタン合金の外装を持ち、落として踏んづけても壊れず、水に濡れても問題ないものが実用化されている。カッコいい、おしゃれなライフスタイルを演出できる道具に到達している。芸術の域に達している商品も存在する。携帯電話がこの域に到達するには、まだ時間が必要なのかもしれない。

※ウレタンの劣化要因は、光と、空気中の酸素、水分。どーしてもコレを長期保管したい人は、電池を取り出した上でこれらから厳重にシャットアウトするような工夫が必要だ。

 

<参考購入先>
メタル素材のG-SHOCK これなら長持ちするでしょう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です