衰退するコンテンツ業界~がんじがらめのコピーガードに原因

ダウンロードしたコンテンツの鑑賞はパソコンや映像データの取扱いにある程度知識が無いとできない。メディアの売り上げを阻害しているコンテンツの流通量は、ネットよりもレンタルショップのほうが多いのではないだろうか。

コンテンツの調達価格はきわめて安くなった。100円でDVDが借りられる時代、数千円するメディアを買う人が減っても不思議は無い。メディアの売上で儲けるというビジネスは、そろそろ成り立たなくなってきている。
コンテンツの売上げを増やそうと、法規制を強化したり、コピーガードを厳しくする試みがあるが、ほとんど成功していないという。大体において問題が一向に改善しない原因は、やっていることが間違っている場合が多い。

コンテンツが売れないのは、皆が映画や音楽に関心を失ったせいだ、という意見もあるが私はこの部分に関しては、今も昔もあまり変わっていないと思う。需要が変わらないのにメディアが売れなくなったのはなぜか。それは皆が安いコストで効率よくこれらを入手するようになったからだろう。
法規制やコピーガードを強化しても再生機器が売れなくなるだけでコンテンツの購買に結びつくことはない。コンテンツをダウンロードなどで調達する人たちはコストが安いからそうしているのであって、それが出来なくなれば別の「安い」手段を探すだろう。

コンテンツの販売が期待できないのなら、コピーフリーにして価格を大幅に下げ、それを楽しむために必要な機器や、コピーに使われるメディアに著作権料を上乗せしたらいい。「うちはDVDを見ないから」「音楽は聴かないから」といって拒否はできない。NHKと同じ、見る見ないに関係なく、コンテンツの再生や記録が可能なものに対しあまねく料金を課す。日本はこの手の法律を作るのが得意だ。

 

<関連商品>
画質安定装置商品一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です