金のなる木は作れるか12~アベノミクスはカミカゼか

 年末に公開したGoldenTree(スタンダード)の成績が好調です。わずか4ヶ月ですが、安定版ができてようやくフォアードの結果が見えてきました。

 下は1月からの成績と現在のトレード画面の様子。表の左は今年はじめに実施したバックテストの結果。右が4ヶ月間実際にトレードした結果です。4ヶ月間の利回りは22%、ひと月あたり5.5%といったところ。

 「それだけ?」と思うかもしれませんが、この成績が安定すればすごいことです。いま大きなトレンドの真っ最中で、それにうまく乗っかった結果なのでしょう。

136567485215813218382_seiseki1136567486956413116091_seiseki2

 こういう大きなトレンドに対してマーチンゲール系のEAは苦手です。ヘタをすると破綻しかねません。GoldenTreeはたくさんの市場で同時トレードして長期的になんとなくプラスにもっていく、そんなシステムです。そのことは上の表を見てもわかります。プラスの市場もあればマイナスの市場もあり、トータルで少しプラスになった結果です。

 いまは「たまたま成績がよい」だけかもしれません。現時点で成績の悪いペアはバックテストをして見直しをかけました。さて、今後が楽しみです。

 

<関連商品>
GoldenTree

<関連記事>
FX・投資研究

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です