庭木の灌水システム

去年の夏は日照りが続いた時期があり庭木の水やりに苦労した。そこで今年は写真のような灌水システムを構築した。広いエリアを灌水するためには細いチューブ状のものが便利である。穴あきチューブなどが市販されているが私が選んだのはウオーターチューブと呼ばれる多孔質のゴム製ホースである。水がホースからジワジワ滲み出すもので、散水というより染み出した水を地面に染みこませるタイプである。

 ホースが細く目立たない(外径13.6)利点があり、写真左のような土間の溝のようなところにもホースを設置できる。地面に埋設して完全に見えなくすることも可能だ。配管の固定はシート押さえ用のUピンを使う(写真中央)。
 散水が必要ない経路はφ9のホースを使って配管する(写真右)。

kansui2 kansui3 kansui4
  

kansui5 ウオーターチューブは低水量で時間をかけて灌水を行う仕組みのためタイマーを組み合わせるのが望ましい。SST-1という商品(写真)を組み合わせる と水量調節が不要になりダイヤルをひねるだけでよくなる。SST-1は安価で電気も要らない優れものだ。水量調整後は誤操作防止のためハンドルを外しておく。
 SST-1はゼンマイ仕掛けなので半分以上まわしてから所定の時間に合わせる。これをサボると時々途中で止まって水が出っ放しになるので注意。

 

 下の図は灌水システム回路の例。この構成で7000円前後のコストになる。我が家の場合はもう少し複雑なものを北側と南側に設置している。灌水しない配管経路はアイリスオーヤマのφ9(4Wayアクアガン+φ9ホース+コネクタ+蛇口口金 Assy)を適当に切って使う。9mmホースの付いたコネクタも付属していて経済的だ。
 WT20を買うと青色のキャップ付エンドプラグ(ストッパー)がついてくる。設置したらここを外して水量を1L/minに調整する。実際の作業は大き目の計量カップとストップウオッチを用意して30秒で500ml程度出るようにすればOKだ。実際やってみた結果は水道の栓をわずかに緩めたくらいだった。水量を1L/minに調整しておくとタイマー60分で60Lというように灌水で消費される水の量を把握しやすい。
kansui1kansui6

<参考購入先>
潅水用品一覧
ウオーターチューブ WTR20
コルゲートチューブ 長時間日光が当たる場合は露出部の保護が必要です
強力ポリエステル糸入り 耐寒・耐圧ホース(内径9mm)10m 4WAY アクアガン・蛇口口金付 アイリスオーヤマ
9mmホース用コネクタが付属するお買い得商品。最初の1本はこれを。
IRIS カットホース 9-15M 追加延長用ホース
セフティ3 散水簡易タイマー SST-1
L型ジョイント WTR-L
T型ジョイント WTR-T
エンドプラグ WTR-E
ストレートジョイント WTR-J
Uピン (10本入) 20cm
注:ホース、タイマー、Uピン(シート押さえ)はホームセンターでも入手できる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です