国産白物家電はなぜ売れないか~冷蔵庫の本質的問題点

 日本の台所を狭くしている大きな要因にバカでかい冷蔵庫がある。冷蔵庫が大きく感じる原因は、奥行寸法にありそうだ。容量500L、奥行き70cmを超える巨大な商品は何処の豪邸に置くことを想定して計画された商品か見当もつかない。

 

 いくらモノが良くても「置けない」ものは決して売れない。幅寸法が小さいことを売りにした商品があるが、奥行きが大きくては意味のないコンセプトだ。奥行きが大きいのは、冷却器、放熱器、コンプレッサなどの機器を背面底部に配置した「レイアウト」のためだろう。そこが機能上ベストな位置かもしれない。しかしそのために「置けない」商品ができてしまうのでは、本末転倒といえる。

 

 奥行寸法を最優先に考えれば、機器の場所は必然的に「天井」になる。天井に機器を集約させ、奥行き寸法をミリ単位で削る。そして奥行寸法が「薄い」ことをセールスポイントにすべきではないか。最大でも65cmとし、上位機種ではさらに薄くする。60cmを実現できれば大きな売りになりそうだ。音が問題になるなら防音カバーで覆えばよいではないか。

※パナソニックはトップユニットを採用しながら庫内が狭くなっている。これではトップユニットにしたメリットは半減だ。

 

 幅寸法は奥行きの次に重要なスペックになる。幅寸法が大きいと、扉を開いとき通路が狭くなる。幅が60cm以上の機種は観音開きとするのが正しい。

 その他、一番下が野菜室、2段目が冷凍室という構成が多い。下から2段目は野菜室の方が使いやすいのは明らかだ。冷凍食品を大量に買い込む消費者がそんなに多いのだろうか。私はこの構成のせいで、毎年買い替えできないでいる。

 自動製氷器がつくる氷にもこだわりたい。パナソニックは気持ち悪い形の氷を作る。飲み物が美味しそうに見えない。これも改善を求めたいポイントの一つだ。

 

<関連商品>
冷蔵庫商品一覧 冷蔵庫は観音開きで奥行きが小さいものが良いです