フィットハイブリッド2013はホンダ渾身の作・・だが

 ハイブリッドの燃費が実燃費とかけ離れていることが問題になっている。ハイブリッド同士ならカタログ燃費は参考になるだろうか。

 ゴーストップの多い国内の燃費は車重に反比例する。実燃費を知りたかったら車重をチェックするのが一番確かであり、ハイブリッド同士でも同じことがいえる。カタログ燃費の数字は無視して、真っ先に車重を見てもらいたい。
 今乗っている車の車重(車検証に書いてある)と比較して、軽ければその比率分は確実に燃費向上が期待できる。もし重かったら燃費悪化を覚悟した方が良い。エネなんとかや、エコタイヤとかの効果は微々たるもので、こういうものに期待はできない。

 私の例で言えば10年前のスカイラインから最新のフィットに乗り換えたとき車重が 1/1.4 になり、燃費は正確にこの比率で改善した。10年間でクルマの効率は確かによくなったが、今も車重が燃費の大半を占める要因であることに違いはないようだ。

 普通車からハイブリッドに乗り換える場合は単純比較できない。この場合はハイブリッドの価格上昇分を燃費に換算してみることが必要だ。例えば実燃費リッター14キロのフィットと20キロ のハイブリッドでは走行10万キロでガソリン代が 30万円違う。従い10万キロ乗れば30万円割高なハイブリッドとランニングコストが同じと見ることができる。電池交換に費用がかかったり、10万キロ走る前に手放してしまうと、リッター14キロのフィットより見かけの燃費が落ちることになる。

※10万キロ×ガソリン代140円/L× (1/14-1/20)=30万円

 

 最近はライバルより重いのになぜかカタログ燃費が上回る新型車をみるようになった。実燃費が悪いはずのクルマをよく見せようとすればどうなるか。そのしわ寄せは必ず「走り」にいく。DAYZはこれをやって失敗したお手本だ。重いくせにカタログ燃費がいいクルマはとにかく走らない。アクセルを踏みこめば、結局ライバルより燃費が落ちることになる。

フィットハイブリッドの車重はアクアに等しいが、パッケージ版を選ぶとアクアより100キロ近く重くなってしまう。燃費でアクアに勝ちたかったら、ギア比や制御で誤魔化すのではなく、より軽いクルマを作るべきではなかったか。
 アクアはハイブリッドシステムと電池を載せて1080kg。1.5Lのガソリン車とそん色ない。私は最初、この数字をみて目を疑った。アクアは徹底的に軽量化を意識して作られたクルマで、そのレベルは相当なものと見られる。アクアは重量が軽い分、燃費を良くできる余裕代がたくさんあり、それは今、ドライバビリティの方に振り向けられている。だから他社が後出しで数字上アクアを上回る燃費のクルマを出してきても、ちょっと制御を変えるだけで簡単にそれを上回ることが可能になっている。アクアより軽く作らない限り、燃費でアクアに勝つのはまず無理だろう。

 

<参考購入先>
フィットハイブリッド関連商品一覧
アクア関連商品一覧
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です

 <関連記事>
試乗記~ニッサン DAYZ ハイウェイスターG

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です