大型家電量販店の絶滅とユーザーレビュービジネス

大型店舗を擁する家電量販店は、近い将来消滅するだろう。いまや家電の購入はネット通販が主で、実店舗を持たないネット通販にコスト面で勝つのは困難というより不可能である。ユーザーレビューなど購入の参考になる情報も増えておりわざわざ量販店に足を運んで実物を観察する必要もなくなってきた。

今後は「ユーザーレビュー」がさらに発展し、ほとんどの人が実物を見ずにレビューを参考にして選ぶ時代がくるだろう。しかしネット通販の価格競争は熾烈である。多くのネット店が乱立する中で優位性を得るのは厳しいに違いない。
信頼できるレビューの情報が差別化のヒントになるに違いないが、必ずしもレビューを提供したサイトで買ってくれるとは限らない。これは店舗で商品をいじり倒したあげくネットで買われてしまうパターンと同じだ。

ネットのレビューがほとんどない時代は、レビューの載った雑誌を買って参考にした。多くの経験と優れた観察眼を持つレビュアーにモニターやレビューを依頼し、そうして得た情報を有料で提供する(割引に適用する)ような仕組みも考える必要がありそうだ。

レビュアーで生活が成り立つなら、私はそれを生業にしてしまってもよいと考えている。各所に散在するレビューのまとめサイトを作るのも面白そうだ。

いま大型店舗に足を運んでいる客は、ネットで調べたり買ったりすることが苦手な人である。そういう人たちも今後減っていくだろう。何か打開策があればここでアイデアを提供したいが、解決策はどうもなさそうだ 。

 

<関連商品>
家電量販店のノウハウ、ビジネス獲得にお勧めの書籍

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です