値動きの本質は何か3~GoldenTreeの戦略

MT4(メタトレーダ4)と呼ばれるFXシステムトレーディングツールがあります。最近このツールをサポートするFX会社が増えてきました。このソフトを使うと自分で戦略を作ってトレードすることが出来ます。プログラムの自由度はきわめて高く、何でも作れます。


 私はこのツールでGoldenTreeというプログラムソフト(EA)を開発しました。MT4上で動作し全自動で売買が行えます。最初のバージョンを世間に公開したのは2010年。当初はタートルズの戦略を忠実に実行するEAでしたが、Standardシリーズ(2012年)からタートルズの戦略に手を加えランダムな値動きに対応させました。

 

GoldenTreeには現在 Standard(スタンダード) と Arbitrage(アービトラージ) の2種類があります。

スタンダードはドンチャンブレイクアウトの順張りまたは逆張りで取引をおこないます。その主なパラメータ(チャンネル計算期間)は固定ではなく相場に応じて最適な値に自動調整する仕組みを持っています。この動作は海岸の波を対象にサーフィンをすることに似ています。
海岸の波は1/fランダムパターンで押し寄せます。大きな波が来たときこれに乗り、拡大する場合は期間を延長して乗り続け、消えそうになったら期間を縮小してすぐに飛び降ります。スタンダードは波の変動にパラメータを適応させることでランダムな変化に対抗するソフトです。

 

アービトラージは、2つの通貨間の価格差で取引する戦略です。無相関なランダム同士を足しても引いても結果はランダムですが、ランダムでありながら値動きが似ている(相関している)ように見える市場がいくつかあります。この場合、両者の市場同士で差をとる(もしくは和をとる)ことで無相関なランダム成分を減衰させ、ランダムでない動きを浮かび上がらせることができます。アービトラージは差分の原理でランダムに対抗するソフトです。

 

ランダムな相場からプラスの利益を得るのはきわめて難しいことです。どちらも出来る限り多数の市場を同時にトレードして、リスクを分散させつつ少しの利益獲得を目標としています。たとえ僅かでもプラスで安定機能すれば、複利効果でどんどん資金が増えていくはずです。スタンダードとアービトラージはどちらが良いとは言えないものです。全く別のシステムなので、リスク軽減のためには2つ同時に運用するのが望ましい姿です。一方の成績が悪いとき、一方がカバーしてくれることはよくあることです。

 

GoldenTreeはどのくらいの利益を見込めるの?

 最近スタンダードの実績が見えてきました。月利5%以上の成績ですが、長期的には月利3%がいいところだと思っています。10万円を元手に月利3%で運用したら、1億円を手にするのは20年後です※。1億まで貯めなくても、7年後には毎月30万円引き落としても資金が減らない状態にできます。たった3%?と思うかもしれませんが、世間の水準からすると凄い数字です。世の中、そんなに都合よくお金が増える話はなかなかありません。 仮に月利5%がずっと続けば12年後に1億、20年後には100億で億万長者になってしまいます(実際は注文の制限がありますのでそうはなりません。あくまで計算上の話)。

 とはいえ、GoldenTreeを使って、確実に儲かる保証などありません。過剰な期待は禁物。有償で提供しているのはそのためです。月利5%はそうなればラッキーくらいに考えてください。
 同じ戦略を使う人が増えるとその戦略が通用しなくなることはよく知られたことです。有益なツールは少数が運用して初めて機能します。GoldenTreeで運用される資金が増えた場合は販売数量を制限したり、販売自体を取りやめる場合があります。

成績レポート

 

将来性はどうなの?どうせすぐ投げ出してしまうのでは

 世の中には沢山のFX商材がありますが、その販売元は自分が目標を達成するまで(たとえば金持ちになるまで)最後まで付き合ってくれるでしょうか。「商売」を目的とした商材の場合、売れなくなれば都合よく理由を付けて一方的に終了するか、別の商品を薦めて乗り換えさせることでしょう。販売元が消えてなくなる可能性だってあります。

 GoldenTreeの初版である (Turtles Job) をリリースしたのは2010年の2月。それから改良を重ね2014年2月で4年になりますが、私の作品の中では比較的新しいソフトです。InfoStudioという別の作品がありますが、これをリリースしたのは1996年(18年前)のことで、2013年までに80回バージョンアップを繰り返しています。詳細はDL後ヘルプの「バージョンの履歴」からご確認いただけます。

GoldenTreeを含め私の作品郡はすべて「自分に必要だから」作ったものです。だから不具合があれば改善を行い、OSが変わればそれに対応します。InfoStudioのようにWindows98時代から始まった作品はそろそろ20年になります。GoldenTreeは自分の夢が実現されるまで、今後も改良を続けていきます。

自らの知恵でランダムな相場に打ち勝ち、0.1%の勝ち組になるのは私の夢です。
あなたもGoldenTreeを手にして、私と同じ夢を追いかけてみませんか?
0.1%の勝ち組になりませんか?
私と一緒にトレードを始めて将来成功の喜びを共有しせんか?

 

こういう文章はあまり強調すると怪しげな商材と同じですので、控えめに書いておきます。

 

続き>>値動きの本質はなにか4


<GoldenTreeを試してみたい方はこちら>

GoldenTreeスタンダード
GoldenTreeアービトラージ

<過去の記事>

値動きの本質は何か2~相場はランダムだった
値動きの本質は何か1~どうしてこうも負けるのか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です