ビジネスホテルの本質と理想の枕

 2013年、遷宮に合わせて伊勢に旅行に行った時ホテルグリーンパーク鈴鹿 ということろに泊まった。至れり尽くせりのビジネスホテルだったが一番感心したのは備え付けの枕である。二つ折りできる「折り重ね枕」だった。

 そもそも宿泊の目的は疲れを取ること。そのために一番重要なアイテムは枕で、これがダメだと翌日に疲れを持ち越して旅や仕事に支障が生じる。 このホテルに備え付けられていた折り重ね枕は宿泊客のさまざまな頭に合うよう硬さや厚さを広範囲に変えることがでる。私はこのおかげでよく眠れて疲れを取ることができた。

 この折り重ね枕、ホテルにとって理想のアイテムだが個人向けの場合も硬さや厚さをいろいろ変形できる特徴は便利だ。枕を選ぶとき、店頭で高さを合わせることはできない。なぜならベット側の沈み量が店頭と自宅で同じとは限らないからだ。使用時の枕の高さは、頭を乗せたときの枕の高さからベットの沈み込みを差し引いたものだ。それは結局自宅に持ち帰ってベットに置いてないとわからない。折り重ね枕ならどのような変化にも柔軟に対応できる。

 私の頭は後頭部が出っ張っていて、寝ると首にどうしても負担がかかる。いままでチューブ、そば殻、ムアツ、低反発などいろんな枕を買って試したが、どれもしっくりこなかった。寝具で快適性を得るには体圧分散の均一化が不可欠だが、私の頭に対しこの要求を満たすのはかなり難しいようだ。

 均一な体圧分散を得るには、形状が最初からそこに納まる物体に近い形になっていて「高反発」でなければならない。低反発や、パイプ、ビーズ、そば殻、ジェルなどは相手に応じて変形はできても体圧分散は均一にならない。それがこれらのアイテムに違和感を感じる原因だ。こういう枕は中身を出し入れして高さを調整したところで満足いく結果を得ることはない。折り重ね枕がその理想を満たすわけではないが、1個で広範囲な試行ができるのがメリットだ。

 

<参考購入先>
折り重ね枕一覧

<関連記事>
羽毛布団と寝具の理想

<関連サイト>
ホテルグリーンパーク鈴鹿
顧客が自分たちのホテルでどうしたら快適に過ごせるか、よく考え工夫していると感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です