高すぎるマイクロソフトOfficeと代替ソフト

私はずっとOffice97を使い続けてきた。最近 Office2010に触れてみたが、なかなか思い通りにいかない。Office2013は重くなってもっと酷いことになっているらしい。MSはこのソフトを2.6~3万円で売っている。この価格設定は個人には高すぎる。

 オフィス互換のフリーソフトがあるのを思い出して、いくつかダウンロードしてみた。一番良いと感じたのは Libre Office。個人で作成した文書を印刷して終わる用途には十分すぎる機能を備えている。但しMS Officeとの互換はいまひとつ、一応読める程度である。

MS Officeと互換を重視すると Kingsoft Office となる。マクロも含め高い互換性を誇るが機能的にlibre officeに立ち遅れている(特にExcel互換のSpreadSeetsが古い)。それに互換が高いといっても100%ではない。取引先でレイアウトが崩れるリスクをゼロにしたいなら、素直にMS Officeを買ったほうがよいだろう。

 互換をほどほどにして機能と使い勝手がバランスしているLibre Officeは個人の需要に十分耐える実用ソフトだ。オープンソース(皆でよってたかって開発する形式)のため将来性も比較的安心だ。このくらい大規模なソフトになると1社だけで開発を負うのは難しい。開発中止のリスクはオープンソースのほうが少ない。

 

<参考購入先>
マイクロソフトオフィス できれば買わずに済ませたいですね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です