屋外でプラスチックを100年もたせる~究極の保護コート

常温亜鉛めっき塗装がプラスチックの保護に有用なことをこれまでに述べた。亜鉛は金属なので劣化の原因となる紫外線を通さない。錆びて酸化亜鉛になってもUVスキンローションに使われているように紫外線を散乱する。

亜鉛めっき塗料はローバルが老舗。最近ではホームセンターでも入手できる。ローバルで塗装した躯体の耐用年数は同社サイトによると75~90年※。これはあらゆる有機系塗料を上回る。しかもこれは錆止め効果の話で、プラスチックの場合は酸化亜鉛でもOKなことを考慮すると紫外線カットの耐用年数はそれ以上が期待できる。亜鉛メッキ塗装はプラスチック保護のために作られたような理想的な塗料ではないだろうか。

※:ローバルの成分は90%以上亜鉛なので寿命の考え方が通常と異なる。亜鉛めっきの寿命は亜鉛が酸化→風化して無くなった時点になるが、この塗料は亜鉛の粉末が結合するため塗膜の寿命がバインダーで左右されない。溶融亜鉛メッキより防錆効果が劣る代わりに風化が遅く、長持ちするようだ。

 

DSC000077 DSC000711

アメゴムを使った簡易耐候実験の様子。左のように縛った状態で屋外の日当たりのよい場所に晒す。ごく短期間で紫外線やオゾンに対する保護の「見込み」を知ることができる。
右は2Week後、縛りを解いたときの様子。両者は明らかに異なる。亜鉛めっき塗料を塗ったほうは少しの永久変形の他異常は見られない。未対策のものはひび割れと強い永久変形が見られる。
ビニールに塗装して透かしてみると完全に光を遮るには相当厚い皮膜が必要なことがわかる。紫外線の塗装の厚みに比例するが、スプレー塗装程度の薄い皮膜でどの程度の効果があるか、今後検証を続けていきたい。

 

施工は簡単。プラスチックの部分に塗ったりスプレーするだけ。厚塗りしても塗りムラが目立たない。施工直後はシルバーの金属光沢だが、時間が経つと落ち着いたグレーになる。途中汚く見える期間があるが心配ない。原液のまま使うのがポイントで希釈はほとんどできない。揮発した溶剤成分を補うくらい。希釈しすぎるとかえってうまく塗れない。広範囲のうす塗りはスプレー缶のほうが便利。以下に施工例を示す。

 

DSC000095 DSC000113

 ベランダ手すり、カーポートなど造作部材はモデルチェンジのサイクルが短い。品番が廃止されてから破損すると思わぬ出費になることも。使われているプラスチックの耐用年数は15~30年。亜鉛めっき塗装でこの部分の寿命を本体と同等まで引き上げる。
造作部材に限らず外壁、ドア、壁紙、床なども昔からあるロングラン商品を選ぶことがポイント。新築のときご注意。

 

 DSC000022 DSC000524

ベランダのシート防水(塩化ビニール)に施工。これで将来の張替えは不要。劣化しやすいベランダスリッパ(EVA)にも塗装できる。

 

 DSC000122 DSC000644

サッシのプラスチック部品は複雑なのでマスキングで範囲を限定し一括塗装。右の排水弁は外して塗装できる。痛みやすい部分なので外すとき破損したら寿命。新しいものを取り寄せて塗装したものと取り替える。

 

DSC000104 DSC000394

ガラスモールやドアストッパーなど普段伸縮しないゴム部分にも濡れるが、伸縮させると追従せず剥がれるので注意。

 

  DSC000543 DSC000601

 水洗用品もこれでバッチリ。もう使い捨ての消耗品ではない。

 

   DSC000495 DSC000131

 屋外のエアーポンプはカバーをすると長持ちする。100均の整理BOX(PP製)の内側にテープを貼ってカバーを自作。風で飛ばないようステンレスの針金で固定。屋外コンセントも常に日のあたる場所はこれで安心。

DSC000031  DSC000041

屋内用のパラソルハンガーも屋外OKに。省スペースで使い勝手のよいハンガーの完成。パラソルハンガーの詳細はこちらを参照。

住宅を建てるときは外壁や屋根を同色系のガルバで統一し、コーキング目地ごとローバルで全塗装してしまえば100年ノーメンテも夢ではなさそうだ。

DSC001061 DSC001074

カーポートはプラスチックの隅部品とドレインパイプがネックなのでここに施工。カーポートは普通コンクリート土間に支柱を埋め込むためリプレースになると大工事だがこれで住宅の寿命と同じくらい持つだろう。エンビパイプの裏はスプレーが届かないので筆であらかじめ塗っておくとよい。暗くなってもいいなら天井を全面塗装するといい。一生張替えの必要が無くなるでしょう。

DSC00216 DSC00222

カバーやステー、ポールなどに施工。これで厳しい環境にあるアンテナの寿命も建物と同じに。アンテナ本体(アルミ)は塗らない。

DSC03343

塗料が余ったら以前紹介したように不乾性パテをノズル出口に付けておく。これでいつでも調子よく使えるようになる。

 

<関連商品>
亜鉛めっき塗料
サッシ用排水弁
不乾性パテ 類似品に注意してください
養生テープ たくさん使う場合まとめ買いがお得
布テープ付マスカー 広い面積の養生に欠かせないビニール垂れ付き養生テープ

 注:本記事の無断商用利用はご遠慮願います。本記事の公開日以降に出願された特許はすべて無効です。商用利用をご希望の方はこちらをご参照ください。

 

屋外でプラスチックを100年もたせる~究極の保護コート」への4件のフィードバック

  1. 青木

    質問なのですが、
    プラスチックやゴム製品に直接スプレーした場合、剥離等は問題ないのでしょうか?
    温度変化による伸縮が大きいと思うので心配です。
    問題が無いのであれば、チャレンジしようかなと……。
    実は、DIYで小屋を作る予定なんですが、その外壁に、安価なプラスチック段ボールを考えています。

    返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      塗膜は伸縮しないので伸縮に追従できません。プラスチックは大丈夫ですが、プラスチックでも可塑剤を含んだ柔軟なものやゴムは伸縮が大きくてダメでした。

      返信
  2. kame

    メーカーがこの類のことをやらないのは、やはり置き換え需要がなくなるのを恐れているのでしょうか?

    返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      亜鉛めっき塗料をプラスチックの保護に使うのは用途外なので想定していないと思います。色はシルバーしかないし見た目もある程度妥協することになります。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です