隠れた名品~シュタインハイルのPeakルーペ

ルーペはいろいろあるが、とりわけ評判の高いルーペにIGSルーペ(17.5倍)がある。レンズ構成がシュタインハイル・トリプレットレンズで諸収差を完全に補正しているという。印刷学会出版部が販売していたが、現在は入手できない。

同じシュタインハイル型ルーペにPEAKの1985型があり、こちらも昔から評判が良い。倍率も7,10,14,20の4種類ある。私はこの7倍を買って15年くらい愛用している。最近IGSルーペの代替品としてこのルーペを紹介するサイトをみかけるようになった。

7倍は日常最も使いやすい倍率だ。私はこれを使って皮膚に刺さったトゲから生き物、錆、傷、刃先、岩石、鉱物、破断面などいろんなものを見てきた。色収差は見られず、周辺近くまで画像がシャープ。歪曲は少しあるが目立たない。レンズ周辺が黒いため不要反射がなく、レンズも単層膜コートされているためコントラストがよい。

DSC000032 DSC000361
DSC000401 DSC000422

本体は樹脂製で軽量。収納は直線スライド式で隙間なく本体に収まりレンズに埃が付きにくい。胸ポケットに入れて持ち歩いても埃が入らず、重さも気にならない。IGSルーペを覗いたことはないが、PEAKのルーペは画質と使い勝手を両立した最高のルーペに違いない。

 

15年使ってきて気づいた問題と言えば付属の革製カバーがボロボロになってしまったこと、レンズの固定リングが緩んでレンズがゴロンと出てきたことくらい(現在のカバーは改良されビニールレザーのようです)。本体のスライドもプラスチック用グリースをごくわずか塗布しておくといつでも動きがスムースになる。

今回新たに7倍(2台目)と14倍を購入した。この2種類あればほとんどの用途をカバーできる。

 

 DSC000071 こちらはASCOのキズミとホームセンターで買った安物ルーペ。ASCOは大型単玉レンズのため歪曲がやや目立ち周辺の画像が悪い。低反射コートはされていて筒状の本体にマウントされているため明るさとコントラストはよい。
 もう一つの安物ルーペの方は本体がシルバーでレンズにもコーティングがないため本体の反射光が目に入ってコントラストが著しく悪い。光学機器のレンズ周りは黒でないとダメなことがよくわかる見本。ただレンズ構成はわりと良くて収差は目立たない。レンズ周りを黒く塗装すれば役に立ちそうだ。

 

 

<関連商品>
ピークのルーペ ピークの商品はどれを選んでもハズレがありません
ジャパンホビーツールのカニ目レンチ 力が入りやすく、滑らず安全に作業できるイチオシのレンチ

<関連記事>
幻の赤い宝石(パイロクスマンガン鉱)を求めて

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です